トレーディングカード

2008年12月14日 (日)

VAMOSせんべい手強し

先週ボーナスが出たので、オフィシャルグッズショップにてセールしていたAWAYユニフォーム(ナンバーなし)を購入した。しかも今回の購入は同じAWAYユニフォームなのに2枚目という、普段ならまずやらない買い物である。その理由は・・・

今年のAWAYユニフォームはデザイン的に好きだったのでいつか買いたいと思っていたのだが、金銭的に厳しくてなかなか購入できなかった。先月末に幼稚園助成金が出たことと、ボーナスが近付いていたこともあり、ようやく11月30日のホーム最終戦のときにAWAYオーセンティックユニフォームを購入した。その時は「10」のナンバー入りで購入。意外に思われるかもしれないが、FC東京のユニフォームにナンバーを入れたのは5着目となる今回が初めてだった。本当はHOMEユニフォームの方も欲しかったのだが、そのショップでは売り切れてしまっていたので他で探すことにした。
ところがそれからたった5日後にセールが始まり、購入したAWAYオーセンティックユニフォームが30%オフに。レプリカにしようかどうか非常に迷った挙句、10周年という記念の年であり、自身初のナンバー入りということで、高いけれどもオーセンティックを選んだのに、たった5日間で約五千円も値下がりしたことにすごくショックを受ける。と同時に、あまりに悔しくてしかたがなかったので、いつか練習場に行って選手にサインをもらう時用として、もう1着購入することにした。

で、そのついでとして久しぶりにVAMOSせんべいも注文。前回は7月に10個注文したのだが、梶山7枚、羽生2枚、石川1枚というものすごい偏りで11種中3種しか集まらなかった。前回の経験も踏まえ今回は15個を注文、これなら残り8種のうち大部分は集まるだろう。
開封してみると、さすがVAMOSせんべいは手強いという結果になった。塩田2枚、茂庭1枚、梶山2枚、平山3枚、エメルソン5枚、石川1枚、徳永1枚の7種のみ。しかも梶山と石川は所有済みだったので、未所有のものは5種しか集まらなかった。長友は以前スタジアムで1個買った時に入手したので、残るは今野と藤山の2種類となったが、26個購入して9種しか集まっていないというのはなかなか厳しいものである。

【おまけ】
ボーナスが出たことをいいことにこんなのこんなのを買っていたりする。前者は・・・やっぱりこの世代としてはどうしても手が出てしまう(笑)後者はスーパーに買い物に行った際に偶然見つけて、あまりにも安かったのでつい(笑)海外で作成したものらしく画像はあまり良くないが、この値段でこのメンバーなのでかなり楽しめた。

| | コメント (0)

2008年9月 4日 (木)

FC東京 勝サンド

今年のFC東京 勝サンドにはカードが同梱された。全31種で登録選手全員がカード化されており、1個に3枚~4枚がついてくるというアナウンスだった。発売された直後は31種のうちランダムに入っているのかと思ったのだが、しばらくたつとセットの組み合わせは決まっていることが判明した(詳しくはメインのHPのFC東京コレクションを参照してください)。多少は救われたのだが、それでも全31種が10パターンにされているし、そもそも生産数が少なく売り切れることが多いので、コンプは相当厳しいだろうなと覚悟していた。
ところが、つい先日思いのほか早い段階で全31種をコンプすることが出来た。始めのうちは売り切れが多く、発売開始後4回目ぐらいでようやく3個購入することが出来た。その時を含めて、いままで4回ほど1度に3個ずつ購入している。合計12個の購入で8パターンしか集まらなかったのだが、幸運にもちょうどダブった塩田セットと今野セットと、未所有だった茂庭セットと梶山セットとのトレードが2度に渡って成立し、コンプすることが出来た。
トレードでコンプ達成というのはやはり醍醐味がある。忘れかけていたトレカ収集の本来の姿を思い出させてくれた気がする。ほんの数年前の話なのに、HP上にレギュラーカードやインサートカードのトレードリストを作成し、頻繁にたくさんの方のHPをチェックしては、未所有のカードを探していた頃が懐かしく感じる。新規購入を休止してしまった今、むしろまた本格的にトレードリストの更新をしてトレードをお願いするような収集にシフトすべきなのかな。対象が過去のシリーズばかりなのであまり効果はないかもしれないが・・・。

| | コメント (0)

2008年8月23日 (土)

FC東京 チームエディションプレミアム

今日ネットショップを見ていたらFC東京チームエディションプレミアムの11月発売が決定したらしい。構成をチェックしたら直筆サインが直書き仕様で31種あるとのこと。ということは、収集対象としているFC東京での初サインとなる選手が10人以上いることになる。これを見てあっさりと心は決まった。

収集対象をさらに縮小し、基本的にメモラビリアは梶山のみ収集対象とする。

いまだに今年のチームエディションで収集対象となっている長友・エメルソン・羽生・大竹の直筆サインを入手出来ていないのに、さらに10種以上加わるとなるとさすがに資金的に限界である。なので収集対象をさらに縮小し、メモラビリアは梶山のみとすることにした。サインについては練習場でカードやグッズに選手に直接書いてもらおう。

こう割り切って考えた途端、トレカ収集について気分的にだいぶ楽になった。メモラビリア収集=高額の資金繰りということが常に頭にあっただけに、結構精神的に負担になっていたのかもしれない。メモラビリア1枚、トレカ1ボックス<ゲームソフト数本=数ヶ月楽しめるという図式が私の中で出来上がった。

以前HPの方で「U-10,000」というコーナーを設け、トレカの購入は月に1万円以内にするという目標を立てていた。目標は変わるが、来月からまたこれに取り組むことにした。

「U-10,000 お小遣い編」
1ヶ月のお小遣いを1万円以内で生活をするという目標である。・・・ていうか義務である。住宅ローンや家族への借金(自動車購入代と○○○○○代←後日書きます)の返済のため、それぐらい厳しい目標を立てないといけないと覚悟した。もちろんHPやブログのコーナーとするほどではないのだが、備忘録として記録をつけていくのも有りかなとも思っている。

| | コメント (0)

2008年7月16日 (水)

2008 FC東京チームエディション

仕事を切り上げることが出来たので、国立競技場にてガンバ大阪戦を観戦。ただ、試合のことはおいといて、ひそかに先行発売されていた2008FC東京チームエディションについて書こうと思う。

公表されていなかったメモラビリアのメンバーは以下の通り。

ノーマルジャージ(3種)
今野・梶山・羽生

パッチジャージ(3種)
今野・梶山・羽生

プリントサインジャージ(3種)
今野・梶山・羽生

直筆サイン(20種)
塩田・茂庭・佐原・長友・今野・浅利・藤山・カボレ・梶山・平山
エメルソン・金沢・石川・川口・羽生・赤嶺・徳永・栗澤・吉本・大竹

収集対象の梶山がジャージ3種と直筆サインのメンバー入り。さらに収集対象としているFC東京での初オートについては、佐原・長友・カボレ・エメルソン・羽生・大竹の6選手がいる。特に人気のある大竹はオークションで高騰しそうである。

・・・ということで、急遽3ボックスを追加注文してしまった←意思弱っ
正直カートンで追加注文をしてしまいそうな勢いだったのだが、近々また大きな出費が控えているのでグッと我慢した。(この出費についてはまた後日書こうと思う)

開封報告については週末に行う予定なのでお楽しみに!?

| | コメント (0)

2008年7月15日 (火)

VAMOSせんべい

約2週間ぶりの更新となってしまった。仕事柄7月というのは結構忙しく、職場を出る10時半~11時頃にはクタクタになっているので、ここ最近は電車の中では常に熟睡してしまっていて携帯からは更新できなかった。帰宅するのは12時を過ぎるのだが、そこから晩御飯を食べ、風呂に入るとパソコンを立ち上げる気力は無かった。そして追い討ちをかけるように唯一の休みだった日曜日も、2週続けて家族を連れての早朝からの外出となっていたので、全く自由時間は無かった。正直体力的にもかなり厳しいが、昨日まで必死で終電まで頑張った甲斐もあって仕事がようやくひと段落ついたので、体力の回復を図りつつ、気分転換に遊びも加えていこうと思う。

久しぶりの更新なので今日はトレカの話題にしようと思う。トレカと言っても別にこれといって新作を買ったわけでもないし、FC東京のチームエディションの発売は今週末なのでまだ開封報告は出来ない。先日実施したイベントでの賞品の残りの開封報告というのもしなければならないのだが、画像をスキャンしていないのでこれもまだ出来ない。唯一出来るのは先日10個ほど購入したVAMOSせんべいなので、今日はそれを書こうと思う。

毎年このシリーズは発売直後に20個から30個ほどまとめて通販で購入しているのだが、今年は去年の後半追加版の在庫がかなり残っていたようで通販での扱いが始まらず、たまにスタジアムで購入しても去年版のカードばかり出ていた。ようやく通販が始まったと思ったら在庫が10個しかなかったので、とりあえず10個だけの購入となってしまったわけである。

VAMOSせんべいの袋からカードの小袋だけを女房が取り出してくれてあったので、今朝小袋を開封してカードを確認した。

1枚目・・・よっしゃ!! 梶山

2枚目・・・おっ!ラッキー♪ また 梶山

3枚目・・・あれ?またまた 梶山 だ

4枚目・・・おいおい 4枚目も 梶山 だ

5枚目・・・まだまだ続くよ 梶山 が

6枚目・・・やっと違うのが出た 羽生 だ

7枚目・・・もとに戻って 梶山 です

8枚目・・・うーん、梶山ではないが またしても 羽生 だった

9枚目・・・これでもかってぐらい 梶山 のオンパレード

10枚目・・・やっと3種類目の 石川 が登場

そんなわけで、10枚のうち梶山7枚、羽生が2枚、石川1枚というもの凄い偏り方だった。もちろん私としては梶山がダブルことは大いに結構なのだが、シリーズのコンプは今年は結構苦労しそうだ。
このVAMOSせんべいは自分と女房の両家族に好評なので、またそのうち追加で購入しようとは思う。ただ、ダブりがきつそうなので何回かに分けたほうが良さそうだ。
それよりも難関は勝サンドに入っている全31選手のカードかな・・・。

| | コメント (0)

2008年6月11日 (水)

オークション出品とトレカ購入

まず始めにイベントに関するお知らせを。早速上位入賞されたみなさんからご連絡を頂けたので、本日1位から6位の方へは賞品の発送を行いました。まだご連絡を頂いていないのは「ハマノス」さん、「えいみん」さん、「聖春」さんの3名となっています。上位から賞品を決定する関係でお待ち頂いてる方もいますので、できるだけお早めにご連絡をお願いします。

さて、タイトルに書いたオークション出品とトレカ購入について書くことにしよう。まずオークションに出品したのは『J08廣山直筆サインカード』と、私のHPの一番の目玉だった『ピルロの1枚限定ブルーパラレル』である。
前者はトレードの希望が非常に多かったカードだが、オークションでの落札相場が毎回非常に高額となっていたので出品することにした。後者は正直今でも迷ってはいるのだが・・・。
廣山の直筆サインカードは現在1万円ちょっと過ぎたぐらいの入札があるので落札されることが確実で、先日とあるカードを金銭トレードという形で購入して頂いたので、合わせるとトレカ2ボックス分ぐらいの購入資金ができることになる。もう1度Jカード2008を2ボックス買うというのもありなのだが、それよりも未購入の2008日本代表SEに魅力を感じたのでそちらを2ボックス注文することにした。やはり梶山が直筆サインのメンバーに含まれていることが大きく、それ以外にもFC東京の選手が4選手(羽生・今野・長友・平山)が含まれているというのは魅力的である。
ところで・・・3月末でトレカ購入を休止したんじゃないの?っていうツッコミが当然ありそうだが、トレカ購入の休止はそもそも出費を抑えるためというのが理由で、今あるものを売却しての購入なので問題なしということで←すごいこじつけだ

2008日本代表SEの開封報告は週末ぐらいにはしたいと思っているので、興味がある方はメインのHPで確認していただけたらと思う。また、今回のイベントで残った賞品についても当然自分で開封して報告するのではじめからそれが目的で多めに未開封ボックスを用意していたのはナイショ、そちらも楽しみに?していて下さい。

| | コメント (0)

2008年6月 8日 (日)

イベントの結果発表!!

大変お待たせしてしまったが、メインのHPで実施した『観客動員数50万名突破&HP開設9周年ダブル記念イベント』の結果発表を本日行った。参加された方はもちろん、興味のある方はチェックしてください。なお、1位から10位までと17位には賞品があるので、該当者はなるべく早めにご連絡をお願いします。

今日は職場の行事のため休日出勤となってしまったが、予定通り12時頃にはメドがついたためゆっくりと昼食を取り、午後2時頃には退社した。もちろん退社後に向かったのは国立競技場である。今年3度目の東京ダービー、しかもナビスコカップで決勝トーナメントに進出するためには勝利が最低条件という大一番だった。今年は基本的にはアウェーは観戦しないつもりだったが、『ヴェルディだけには負けられない』東京ダービーだけは別物なので、今日の出勤が決まった5月中旬にはチケットを手配していた。なので大一番になっていなかったとしても観戦は決まっていたのだが。
試合経過を書くと、0-1(廣山) → 1-1(カボレ) → 1-2(フッキ) → 2-2(平山)で前半終了。3-2(平山) → 4-2(平山) で逆転勝利となった。今日はFC東京は全般的に選手の動きも良く気合いが入っており、中でもハットトリックを決めた平山の動きは際立っていた。今まで観戦したなかで今日の平山は一番良かった。今まで感じられなかったスピード感、プレーのキレ、フィジカルの強さ。今日の平山は本当に人が変わったようだった。
それ以外にも『東京の10番』梶山が後半は中盤を完全に制圧。エメルソン・羽生・ブルーノは攻守に走り回り、カボレも何度もチャンスメークした。DF陣とFC東京で初出場の荻も前半には2失点したものの後半は見事に立て直した。今日の勝利はチーム全員で勝ち取ったものであり、本当に価値のある1勝だと思う。

| | コメント (0)

2008年5月23日 (金)

続・FC東京チームエディション2008

2週間ぐらい前にFC東京チームエディション2008の注文を悩んでいるという日記を書いたが、つい最近某ネットショップに3ボックスセットの注文をした。もっとたくさん注文をしたいという欲求はあったが必死に我慢した(苦笑)
前回日記を書いてすぐにここをご覧の方から「プリントサインジャージも追加になりましたよ」というメールを頂いた。その分パッチジャージとサインカードの出る確率が減ることになるのだが、私としてはむしろこのプリントサインジャージの追加は歓迎だった。というのは、パラレルカードの中ではプリントサインって非常に好きなのである。
もちろんパラレルカードと言ってもサインカードとプリントサインパラレルカードとを比べてしまうと雲泥の差があるわけで、あくまでノーマルカードとプリントサイン入りカードでの比較である。私がお気に入りなのは2004年以降のJリーグオールスターの際のパンフレット付録カードで、チームエディションのレギュラーカードにプリントサインが入ったデザインとなっている。具体的にどこがお気に入りかというとうまく説明が出来ないのだが・・・うーん、単純にカッコいいなと(笑)そんなわけで、ジャージカードにもプリントサインが入ればまた全然印象が違ってカッコいいなと感じるような気がしたのだ。
頂いた情報の出所のリンクも貼って頂いていたので早速チェックすると、ちょっとした驚きがあった。「あれ?1ボックスが5千円弱とは結構安いな。以前他のショップでチェックした時は3ボックスセットで1万8千円だったんだから」

・・・ん??

ひょっとして・・・

と思って以前チェックしたネットショップを見に行った時、完全に勘違いしていたことが発覚。1万8千円は定価だったのだ。他のネットショップもいくつか見比べたところ、安いところはだいたい送料込みで1万4千円弱だった。
ということで、この時点で私にとっては4千円の値引きが発生(笑)1万4千円なら1セットぐらい買ってもいいかな、という気になりだした。だが、まだそう思った5月上旬の時点では資金繰りがつくかどうかがハッキリしていなかったので、迷いはあったが注文は見送った。

ところが、ここ数ヶ月苦労していた資金繰りが、ここ最近になっていい方向に急転しだした。いろいろなやりくりや節約の影響もあるのだが、本当に偶然だが4月が残業続きだった関係で今月の給料時に残業代がそこそこ支給されたこと、6月のクレジットカードの引き落とし日と児童手当の支給日が一緒だったこと、そして長期の資金運用として考えていた株式投資が意外に短期で値上がりしたことである。借金だらけなのに資金運用?株式投資?っていうツッコミが入りそうだが(汗)
みなさんご存知の通り多少最近は上がってきたとはいえ、日本はいまだに超低金利で、1年定期でも0.4%程度しか利息がつかない。仮に100万円を1年間預けて4千円である。それならそのうちの10万円を株式投資して、5%上昇したら売却して5千円の利益を得たほうが得じゃないかと考えたのだ。もちろん実際はそんな簡単にはいかないし、ハイリスクなのでお奨めはしないが(苦笑)
2月下旬から3月にかけて、アメリカのサブプライムローン問題を発端に世界的な株安が発生した。ちょうどその時期は、車を買い替えたりして資金繰りを見直していたときだった。借金だらけを何とか少しでも解消できないかなということばかり考えていた。宝くじやtotoや競馬などのギャンブルは当たればデカイが、確率は低いし外れたら全てパーだし。素直にコツコツ貯金すべきかな、でも銀行金利が低すぎてちっとも面白くないし。それなら中長期での株式投資が最善かなと考えた。暴落している株価もずっと待っていればいつかは上がるだろうし、あまり欲を出さずに一定の基準を忠実に守って売買すれば大丈夫だろうという根拠の無い自信があった。とりあえずいまのところ結果オーライではあるが、今思えば危険極まりない考えである(苦笑)
決算期を迎える企業が多いということで、配当がある・株主優待があるといった条件もつけていくつかの銘柄をピックアップ。購入価格が安く、また中長期に値上がりが期待できそうな銘柄をいくつか購入した。その後もずっと下がり続けた銘柄もあったりして焦った時期もあったが、いくつかの銘柄はこの5月中旬には自分の設定した基準をオーバーしたので売却してしまった。中長期で考えていただけに、こんなに短期間で運用できたのは非常にラッキーだった。
売却した銘柄については、値上がり・配当・株主優待と三拍子揃ったのでものすごく得をしたわけだが、株主優待の内容は某テーマパークの招待券数枚や某通信販売会社の自社商品券といったものもある。今回の株式投資については一応女房の了承を得ているが、これらの優待もあるので喜んでもらえそうである。
こんなふうに書くとすごく利益が上がったように見えるが、実際の金額としてはたいしたことはない。しかも2,3月に購入した時の価格よりもかなり下がっていて、中長期で持っていなければならなくなった銘柄ももちろんある。ただ、今回の株式投資で予定外に短期で、かつ予想以上の利益が出たお祝いに形のあるものをということで、購入を迷っていたFC東京チームエディション2008の3ボックスセットを注文できることになったというわけである。やっぱり「金は天下の回り物」ってことかな(笑)

| | コメント (0)

2008年5月 8日 (木)

FC東京チームエディション2008

FC東京チームエディション2008が、今年は第2弾として7月に発売になる。全般的にはトレカの収集は3月いっぱいで休止としたが、FC東京関係についてのみ引き続き収集は続けていくつもりであり、そういう点ではこのチームエディションは対象となる。例年なんだかんだで最終的には数カートン分ぐらい購入しており、発売直後にもだいたい6ボックス程度は購入していたこのシリーズ。だが、今年はまだ注文を悩んでいる。
昨年は大量に売れ残り、破格のセール対象となったこのシリーズだが、今年は早期に完売するのではないかと思っている。というのは今年のメモラビリアのオッズの良さが理由である。そういう点で言えば早く購入すべきだとは思うのだが・・・。
FC東京に関して言えばジャージカードが3種類で各300枚限定、パッチジャージも同様の3種で各50枚限定、オートグラフが20種で各40枚限定となっており、1ボックス1メモラビリアを保証するということらしい。ということは、ジャージが900枚、パッチジャージが150枚、オートグラフが800枚ということになる。ということはパッチジャージとオートグラフを足すと950枚、つまり2分の1強の確率でパッチジャージかオートグラフということになるわけで、今までの中でもかなりの高オッズということになる。
その点で言えばむしろ最初に大量購入すべきということになるのだが、問題はオートグラフのメンバーである。収集テーマとしているFC東京での初オートということでいくと非常に多数の選手が対象になるし、長友や大竹が含まれれば間違いなく高騰すると思うので自引きを狙うべきだとは思う。しかし、Jカード2008の時はオートグラフのメンバーが弱かったこともあり、20枚限定とはいえオークションでの相場がほとんどの選手が5千円以下と暴落してしまった。今年のチームエディションはオートグラフが出やすい=選手によっては昨年のこのシリーズやJカード2008よりもさらに値崩れするという可能性も多いにあるわけで、なかなか踏ん切りがつかないのだ。
コレクション用とプライベートサイン用にレギュラーカードも2セットは欲しいと思うので、そうなると複数ボックスの購入が必要となる。仮に3ボックスとすると、現在のネットショップでの予約価格は1万4千円程度。運よくオートグラフを2枚引けたとしても、冷静に考えると投資に見合うとは考えづらい。でも買って開けてみたいという気持ちも捨てがたいし、オートグラフのメンバーが発表になってからでは既に売り切れてしまう可能性もあるからいま注文すべきなのかもしれない。いや、いっそ今後の収集からメモラビリアをスッパリと対象外にしてしまうという方法もありかな、とも考えてたりする。ここ最近はそんなことで悩んでいるのだが、この悩みはもうしばらく続きそうである。

| | コメント (0)

2008年3月30日 (日)

Jカード2008開封報告

発売から1週間が過ぎてしまったが、やっと今日メインのHPで開封報告をした。それにしてもこのシリーズはレギュラーカードの偏りが激しかった。おそらくコンプできていないと思うので、なるべく早くリスト化してみなさんにトレードをお願いしたいと思っている。また、メモラビリアもすべて提供可能なので、ご希望の方がいたらご連絡ください。

今日は書きたいネタがたくさんあるのだが、優先的にやらなければならないことが他に多々あるのでまた後日ということで。

| | コメント (0)