ゲーム

2009年2月27日 (金)

パズルクエスト クリア! (近況報告も含む)

前回の日記更新からまただいぶ時間が経ってしまった。ちょこちょことはブログを更新するネタはあったのだが、帰宅中は寝るか携帯ゲーム機をやっていて、自宅に帰ってしまうとパソコンを立ち上げるのが億劫になって放置してしまっていた。昔と違ってHPをご覧頂いた方からメールをもらう機会も月に1回あるかないかぐらいになっているので、メールチェックすらもほとんどしていなかった。そのためトレードの依頼のメールが2件来ていたことに気付かず、お待たせしてご迷惑をお掛けしてしまった。そのうちの1件は無事に交渉がまとまり、本当に久しぶりにトレードをして頂いた。そのうちにメインのHPで紹介しようと思う。
1月中旬頃からは、ほぼ毎日職場に直行直帰しており、弁当を持参して出費を極力減らしている。休日は家族サービスであちこちに出かけるため出費があるのはしょうがないが、それでも昨年に比べると毎月の収支が赤字になるということが無くなってきた。メインのHPで比較して載せている通り、去年導入した節約対策のおかげで水道光熱費がかなり減ったというのも要因としては大きいと思う。この調子でしばらく続けていこうと思う。

近況報告はこれぐらいにして本題に入ろう。通勤中にずっとプレイしていたPSPの『パズルクエスト』を先週クリアした。RPGとパズルゲームをうまくミックスしており、アイテムを合成したり、魔法を習得したり、モンスターを育成する時もパズルだった。一度始めると止め時に困るような中毒性もあり、サブクエストも豊富で、かなりの長時間楽しむことができた。かなりの良作だったと思う。

今週からは通勤中はDSの『サカつくDS タッチandダイレクト』を本格的に始めている。今まではちょこちょこしかプレイしていなかったが、本格的に始めたら面白くてこちらも通勤中に熱中している。現在12年目に入ったが3年目からJ1を9連覇中と絶好調。10年目と11年目は33勝1分の勝点100、得点王が52点という、現実にはほとんどありえないことが起きている。この点はちょっとバランスが悪いのかなとも思う。せっかくだから34戦全勝とかもやってみたいものだ。

自宅では『ファイナルファンタジー10-2』をプレイ中。全5章あるうちの4章の中盤をプレイ中である。こちらは3月中にはクリアできそうだ。世間の評判はかなり悪かったが、私としては結構面白いと感じている。

| | コメント (0)

2009年2月 5日 (木)

アンチャーテッド クリア!

『ブルードラゴン』をクリアしたあとに気分転換として始めたPS3の『アンチャーテッド』だが、久しぶりにプレイしたら面白くて、一気にプレイして先週末にクリアすることができた。グラフィックはPS3ということで当然綺麗なのだが、演出面も素晴らしかった。B級映画のようなストーリーやセリフも私にはヒットで、長さもちょうど良かったと思う。視点が固定されておらず、シーンやステージによってまるで映画のように自然な感じで切り替わる。制作側が「プレイする映画」と謳っているのも納得の出来で、自分が主人公になった気分になれた。
アクションゲームが大の苦手な私でも難易度を下げたらクリアできたので、誰でも楽しめると思う。とは言っても、主人公が銃撃戦で蜂の巣になったり、崖から転落したりして、かれこれ200回ぐらいはコンティニューしたかな(苦笑)それでも途中で投げ出さずにクリアまで行けたのは、このゲームの全般を通しての面白さと、オートセーブですぐ直前から再開できる親切設計のおかげだと思う。特に乗物に乗りながら進むいくつかのステージは抜群に楽しかった。
ただ、「やっぱクリアできないかも」ってちょっと思ったのが終盤のいくつかのステージに出現するある敵。私はガンシューティングがとにかく苦手なのだが、このゲームでは物陰に隠れながら遠くから狙撃することでなんとか進めてきていた。ところがその戦法が使えない「早いスピードで迫ってくる・変則的な動きをする」とある敵の大量出現に大苦戦。ていうか、夜中3時頃だったこともあって、恐怖感も倍増して半ばパニック状態。ほんとこういうのはダメなんだよなぁ(泣)
このアンチャーテッドというソフトはあまり売れてはないようだが、私は自信を持ってお奨めできるソフトである。

そして今週からはいよいよ積みゲーとなってから1年以上が経過しているPS2の『ファイナルファンタジー10-2』を始めた。まだ少ししかプレイしておらず、導入部分にはちょっと引いたが(苦笑)、酷評されるほどひどい作品ではないように感じている。『空の軌跡 the 3rd』のような、後日談というかファンディスクといった見方でプレイをすれば違和感をそんなには感じない気がする。やりこみ要素も多そうなので、またしばらくは楽しめそうだ。

| | コメント (0)

2009年1月 9日 (金)

ブルードラゴン、サカつくDS、パズルクエスト

タイトルに書いたのは現在プレイ中のゲームである。『ブルードラゴン』は昨年中にクリアする予定だったんだけどなぁ・・・。

この年末年始は遠出の予定がなかったので、自由時間はゲーム三昧の予定だったのだが、ほとんど自由な時間が取れず子守三昧で終わってしまった。次女は自分で歩き回れるようになったことが嬉しくてしょうがないらしく、ちょっと目を離すとあっという間にどこかに行ってしまい、色々と引っかき回すは、1人でフラフラと階段を昇って行くはで危険極まりない。長女のときはもう少し大人しかったような気がするのだが、次女は同じところでじっとしていることがほとんどない。そして長女の行動に興味津々で、ちょっかい出しては2人で喧嘩したり思い通りにいかなくて泣き出したり・・・とにかく手がかかる。
長女は長女でとにかく良くしゃべり、本当に1日中しゃべり続けている。そして何をするにもしつこい。次女にみんなの注目が行きがちなのであえてアピールしているのかもしれないが、さすがに毎日続くとうんざりしてくる。
そんな1日を過ごしていると、子供たちが寝た頃にはこちらもエネルギー切れ。ようやく夜11時頃に自由時間となってゲームを始めても、すぐ睡魔が襲ってきて結局は毎日1時間程度しか出来なかった。子供のパワーってすごいな、それを日々相手している母親や保育士って本当に大変だろうし立派だな、そして個人的には仕事している方がよっぽど楽だし自由時間も多いや、とつくづく感じた年末年始だった(苦笑)

そんなわけで、Xbox360の『ブルードラゴン』を昨年中にクリアするという目標は達成できず。始めたのが10月中旬だったのですでに3ヶ月も経ってしまった。途中で『クライシスコア』に浮気してやりこんでしまったのもまずかったかもしれない。
ストーリー自体は終盤に来ており、ラストダンジョンには突入できる状態なのだが、例によってサブクエストの類をやりこんでおり、あといくつか残っているようなのでそれを全て終わらせてからクリアするつもりである。今度こそ、今月中にはクリアしようと思う。

『サカつくDS タッチandダイレクト』は今年に入ってから子守の間限定で少しずつプレイしていた。主に2人の娘が昼寝中だけなのであまり進んではいないが、ここ最近のサカつくシリーズの中では一番出来がいいと感じている。すごく簡略化されていて面倒な作業が少ないためサクサク進む。ここ最近このシリーズで問題となっていた極端な補正というのもなく、難易度はいまのところかなり低めな感じがしている。選手の獲得が運に左右されてしまい、自分の思い通りに補強することが出来ないことで評価が分かれているようだが、携帯機で遊ぶWCCFのJリーグ版といった感覚であり、私としては高評価である。
現在4年目だが1年目はほとんど勝てずJ2で下位。2年目に入ると急激に試合に勝てるようになり、3節残して優勝しJ1昇格を決める。3年目もその勢いのまま13連勝を記録したりし、5節を残してJ1優勝。4年目の現在も10月で2位に勝ち点13差をつけて独走中なので11月には優勝を決めることが出来るだろう。カップ戦でも国内のものはほぼ全部獲得出来たので、5年目以降は海外カップ戦に挑戦しようと思う。
ちなみに選手のランクは最低が1、最高が9となっているのだが、私のチームの主力は2ばかり(汗)もっともJリーグの選手はほとんどが2か3、日本代表クラスで4なのだが。

最後は通勤中のみプレイしているPSP版の『パズルクエスト』。これは知名度が相当低いソフトだが、私的にはかなりお奨めである。RPGとパズルをうまくミックスしており、落ちものパズルとRPGが好きな方にはぜひプレイしてほしい。RPGとしてのストーリーがあり、メインクエスト及びサブクエストで敵と戦うのだが、その戦闘がパズルとなっているのである。うーん、いまいち説明がわかりずらいし、体験版がプレイできるので、こちらでチェックしてもらえたらと思う。このソフトも中古で2千円弱で購入したのだが、かなりハマっているし、やりこみ要素も多く相当ボリュームもありそうなので、コストパフォーマンスは抜群である(笑)

| | コメント (0)

2008年12月27日 (土)

今年を振り返る ゲーム編

今日を含めて今年も残り5日となった。節約生活を始めたこともあり、趣味の中で一番コストパフォーマンスに優れるゲームに主に時間とお金を投資した。まずはどの程度ゲームを購入したのかという投資についてちょっと振り返ってみることにした。

【2008年に購入したゲーム】
<PS2>
・ジルオール インフィニット 廉価版

<PS3>
・FIFA09
・リトル ビック プラネット

<DS>
・逆転裁判4
・プロ野球チームをつくろう!
・ダービースタリオンDS
・大合奏バンドブラザーズDX
・DS美文字トレーニング
・ファイナルファンタジーⅢ(中古)
・レイトン教授と最後の時間旅行
・サカつくDSタッチandダイレクト

<PSP>
・魔界戦記ディスガイア PORTABLE 通信対戦はじめました。 廉価版
・英雄伝説 空の軌跡 The 3rd
・クライシスコア ファイナルファンタジーⅦ(中古)
・パズルクエスト(中古)

<Xbox360>
・ブルードラゴン 廉価版
・あつまれ!ピニャータ 廉価版
・ロストオデッセイ 廉価版

<ゲームキューブ>
・エターナルアルカディア レジェンド

今年購入したのは19本となった。去年は1年間に39本も購入しており、今年はその積みゲーの処理をしていたため購入本数が半分になったということであろう。とは言っても、一般的に考えればかなり多い本数だが(笑)
ただ、結局今年はWiiのソフトは1本も買わなかった。現行のゲーム機は全て所有しているが、買いたいと思うソフトが一本もなかったのはWiiだけである。ということは、私にはWiiはあまり合っていないのかもしれないな。

今年は中古で購入したのは3本だけで、残りの16本は全て新品での購入だが、廉価版が多いこともあって、出費の合計は約6万5千円だった。6万5千円と書くと結構な出費に感じてしまうが、それでもここ数年間のトレカ購入費と比べれば大幅な節約になっている。平均すると1本あたり約3千5百円というのは、ソフト購入の際にも節約の意識が強く表れてしまっている証拠だろう(苦笑)上記のソフトのうち、来年への積みゲーとなるものも多数あるので、来年はさらに出費は減るであろう。

続いては今年クリアしたゲームについての感想を書こうと思う。一応クリアという概念があるRPG・ADV・SLGについて、今年クリアしたものをリストアップしてみる。

<DS>
・ゼルダの伝説 夢幻の砂時計
・逆転裁判3
・逆転裁判4
・プロ野球チームをつくろう!
・レイトン教授と悪魔の箱
・レイトン教授と最後の時間旅行

<PSP>
・英雄伝説 空の軌跡 FC
・英雄伝説 空の軌跡 SC
・英雄伝説 空の軌跡 The 3rd
・クライシスコア ファイナルファンタジーⅦ

<PS2>
・キャプテン翼

<GC>
・バテン・カイトスⅡ

思っていたよりも多い12本ということで、1ヶ月に1本のペースでクリアしていたことになる。携帯ゲーム機のソフトばかりというのが、いかに通勤時間が長いかということを現わしている気がする(苦笑)今年クリアしたゲームは一部を除いてほぼ全てのソフトが良作だったが、その中でもダントツにお奨めなのは、やっぱり『英雄伝説 空の軌跡』シリーズである。未プレイの方にはぜひプレイしてほしいと思う。

| | コメント (0)

2008年12月25日 (木)

レイトン教授と最後の時間旅行クリア!

12月8日から通勤中限定で『レイトン教授と最後の時間旅行』をプレイしていたのだが、昨日収録されている全ての問題を解き終えて完全クリアした。ストーリーモードは22日にクリアしたのだが、ミニゲームをクリアすると追加される問題も含めた完全クリアを昨日したわけである。通勤中だけで約半月間、実際のプレイ時間は26時間程度だったので、感覚的には結構短かったように思う。

感想としては、前作である『レイトン教授と悪魔の箱』よりもさらに謎解きクイズの難易度が低かったように思う。出題場所を見つけられなかったということもなく、ストーリーモードをクリアした時点で、ストーリーモードに収録されている全153問が解けていた。そのため、攻略サイトなどは今回は全く見ないままであった。今回の問題の傾向はパズルやなぞなぞ問題が多く、ヒントもほとんど見ることがなかった。
ストーリーモードをクリアしたあとは恒例のおまけであるひみつのモードを進めた。そこで難問として15問追加され、最終的には全168問となったのだが(他にも定期的にインターネット経由で配信されてくる問題もあるがそれは省略)、その難問となっている問題もあまり難問とは感じなかった。
ただ、ストーリーは今回もしっかりとしており、続きが気になってしまい、帰宅中の電車内だけではなく最寄駅から自宅までの徒歩の最中にプレイしながら帰ったことも数回あった(笑)

今回の『レイトン教授と最後の時間旅行』は難易度がそれほど高くなく、毎日通勤中に没頭したからかもしれないがプレイ時間も少し短いようにも感じたが、クリアした満足度はかなり高い。このレイトン教授シリーズは三作品ともお薦めできるソフトである。

| | コメント (0)

2008年12月 9日 (火)

クライシスコア-ファイナルファンタジーⅦ- 完全クリア!

PSPの『英雄伝説 空の軌跡 The 3rd』をクリアした直後の10月中旬に、このソフトの他に他のソフト数本を一緒に売りに行った。5千円程度の買い取りとなったので満足しながら逆に販売している中古ソフトのコーナーを見てみると、昔から興味は持っていたが値段が高かったのとアクション要素があるということで敬遠していた『クライシスコア-ファイナル ファンタジーⅦ-』が2千円で売っていた。2千円ならもしアクションが難しくて駄目だったとしてもまぁいいかと思い購入して帰った。
ただ、その頃は既に『ブルードラゴン』をプレイし始めていたので、例によってしばらくは積みゲーとなった。しかし、この『ブルードラゴン』がどうも子供っぽいキャラクターと、ゲームの展開が単調だったり、調べ物は面倒だったりで思ったほど熱中できず、退屈でプレイ中に寝てしまうことが頻繁にあった。そこで10月下旬のある日気分転換に『クライシスコア-ファイナル ファンタジーⅦ-』をプレイしたところ・・・どっぷりハマってしまったというわけである(笑)

もともとファイナルファンタジーⅦが好きだったこともあり、すぐに惹きこまれる。携帯ゲーム機とは思えないすごく綺麗なグラフィックやムービーに驚かされる。おそらくPS2よりも綺麗だと思う。
ファイナルファンタジーⅦに続くストーリーということで、結末がわかってしまっていながらプレイしていたのだが、色々と工夫もありとても面白かった。購入を躊躇していたアクション部分についても全く問題なかった。
で、このゲームにはミッションと言われるサブクエストが300個もあったのだが・・・すっかりハマった私はひたすらこれもやりこみ全てクリアしてしまった。また、他にもやりこみ要素としてD.M.Wというものがあったのだが(説明するのはややこしいので省略)、こちらも達成率を100%にした。
これらのご褒美としてゲームに登場するレアアイテムも全て入手。また、ミッションをやりこんだことでレベルも86まで上がってしまったため、ストーリーの方のゲームバランスは完全に崩壊してしまった。最後のボス戦は、「受けるダメージは1ケタ、魔法1撃で撃破」ということに(汗)ただ、ミッションの方の最後のボス戦は本当にハードだったのでやり応えがあった。
先週末に完全クリアを達成したわけだが、それにしても2千円で購入したゲームで約1ヶ月間たっぷり遊べたというのは、なんというコストパフォーマンスの良さ(笑)このゲームの評価は賛否両論の様だが、私としてはかなりの良作だと思う。

今週からはあまり気乗りはしないのだが中断してしまっている『ブルードラゴン』を再開して、年内にはクリアしてしまいたいところだ。と同時に、通勤中は『レイトン教授と最後の時間旅行』をプレイしていくつもりだ。昨日から始めたのだが、こちらはかなり興味を惹かれるストーリー展開。またこっちに没頭して、自宅でもプレイしてしまわないように気をつけないと(苦笑)

| | コメント (0)

2008年10月 9日 (木)

英雄伝説 空の軌跡 The 3rd クリア!

7日の夜(正確に言うと8日の午前3時頃)に、PSPの『英雄伝説 空の軌跡 The 3rd』をクリアすることが出来た。このゲームを始めたのは9月12日だったと思うので、1ヶ月かからないでクリアしたことになる。去年からかなり大量にRPGをプレイしているが、1ヶ月以内でクリアできたのは初めてじゃないかな。とはいってもボリュームが不足しているというわけではなく、ゲーム内のクリア時間は65時間となっており、最近プレイしていた他のソフトよりは短いものの極端に短いというわけではない。携帯機ということで通勤中にもプレイできたことがクリア日数が短くなった理由である。
前作である『英雄伝説 空の軌跡FC、SC』とは色々と異なっており、外伝というかファンディスクといった内容だった。前2作がずば抜けて良かったので、それと比較すると評価は多少劣ってしまうが平均よりは上だと思う。前2作を面白いと感じた方は十分楽しめると思う。逆に前2作をプレイしていない方には当たり前だがお奨めできない。ちなみに、もしこれからこのシリーズの購入を予定されている方は、11月下旬に発売になる3作セットパッケージが新品2作分の価格で買えるので割安でお奨めである。

今年もあと3ヶ月弱あるので年内にもう1本、あわよくばもう2本クリアできそうだ。かなり迷った挙句、次はXbox360の『ブルードラゴン』をプレイすることにした。画像や設定から行くとかなり子供向けのような気もするのだが実際はどうなんだろう?

| | コメント (0)

2008年10月 3日 (金)

今年購入したゲームたち

現在は通勤中と自宅の両方で『英雄伝説 空の軌跡 The 3rd』をプレイしているが、終盤まで来ているようなので10月中旬クリアはほぼ確実となった。予定よりも早いペースでゲームをクリアできているので、年内にもう1本はクリアできそうだ。次のプレイはPS2の『ファイナルファンタジー10-2』か、Xbox360の『ブルードラゴン』で迷っているが、せっかく本体を購入したのに使用していないという点から、後者にしようかと思っている。そうなると前者は中古で購入してから2度目の年越しだな(汗)

10月に入り今年も残り3ヶ月となり、今年はどの程度ゲームを購入したのかちょっと振り返ってみることにした。

【2008年に購入したゲーム】
<PS2>
・ジルオール インフィニット 廉価版

<DS>
・逆転裁判4
・プロ野球チームをつくろう!
・ダービースタリオンDS
・大合奏バンドブラザーズDX
・DS美文字トレーニング

<PSP>
・魔界戦記ディスガイア PORTABLE 通信対戦はじめました。 廉価版
・英雄伝説 空の軌跡 The 3rd

<Xbox360>
・ブルードラゴン 廉価版
・あつまれ!ピニャータ 廉価版

今年はここ数年ではずば抜けてゲームをしている時間が多くなっているのだが、その割には今年は今まで10本と、思っていたより少なかった。しかも次世代機であるWiiとPS3のソフトが一本もなかった(汗)今年は全て新品での購入だが、廉価版が半数を占めることもあって、出費の合計は34,218円だった。中古が無いのに平均が3,422円というのは、ソフト購入の際にも節約の意識が強く表れてしまっている証拠だろう(苦笑)
ちなみにWiiとPS3のソフトが1本もないことについては、PS3については何本か購入したいものはあるのだが、積みゲーを処理してからと先送りしていたら偶然そうなってしまったためで、Wiiについてはハッキリいって購入したいと思うソフトが全くないためである。Wiiは本体は売れているはずなのに魅力的なソフトが出ないというのは、特有なコントローラーを活かそうとするがゆえに、逆に足を引っ張ってしまっているのではないかと感じる。

年内にあと数本の購入予定はあるが、それを足しても合計で5万円までいかないと思う。5万円と書いてしまうと結構な出費に感じるが、ここ数年間のトレカ購入費と比べれば大幅な節約になる。しかも今年購入したもののまだプレイしていないソフトも数本あるし、これから購入するソフトもすぐにはクリアできないので、来年も楽しめることになる。私的にはトレカからゲームへのシフトは現時点では成功だったと思っている。

| | コメント (0)

2008年9月22日 (月)

逆転裁判4 クリア!

8月中旬に始め、通勤中のみにプレイしていた『逆転裁判4』を先週土曜日にクリアした。3までと主人公が変わり新章開幕とうたっていたのだが、3までに出てきたキャラクターも多数登場しているし、むしろ主人公より目立っていたような気がする。それといままでのシリーズに比べるとストーリーも短めで、特に悩むこともなくサクサク進んだので、通勤中だけにもかかわらず1ヶ月でクリアできてしまった。
こう書くと駄作のように見えてしまうが、水準以上の出来なのでDSを持っていてアドベンチャーゲームをプレイしたい方にはお奨めできるソフトである。なかなか続編の話が出てこないが、もし出ればもちろん購入するつもりである。

一方自宅でやっているPSPの『英雄伝説 空の軌跡 The 3rd』の方は、全8章中の5章に突入した。プレイし始めてからまだ10日程度で、それほどプレイしているわけではないのに、今作はかなりサクサク進んでいる。今回もサブクエストが多数収録されているが、ほとんどが短い時間でクリアできるものなので、今週からは自宅ではメインストーリー、通勤中にはサブクエストといった形で進めていこうと思っている。
それにしても、このシリーズって本当に面白い♪

| | コメント (0)

2008年9月14日 (日)

Xbox360

先週11日にXbox360が値下げされたのを機に、そろそろ購入を検討しようかなと思い始めた。もともと興味はあったのだが、やはり本体が高額であることと、私が苦手なアクションゲームだらけということでずっと見送っていた。ところが逆に私が好きなRPGに期待して購入したPS3では一向に良作のRPGが発売されず、発売の予定はむしろXbox360の方が圧倒的に多くなってしまったことで気になりだしたのだ。
で、先日たまたま何気なく近くにあるレンタルビデオ店の折り込みチラシを見たらゲームソフトの買取価格が一覧表で載っていたので、いま手元にあるソフトで買取が高いものってあるのかなとチェックすると、『ポケモンダイヤモンド』が2,800円、『英雄伝説 空の軌跡SC』が2,800円と書いてあった。・・・そんなに高く買い取ってくれるの!?ポケモンはプレイする気ないし、空の軌跡SCはほぼ完璧なクリアをしたので、2周目をやるとしても数年先だろうから売ってもいいなと考える。この2本だけで5,600円なら、どうせほとんどプレイしない他の古い在庫のソフトを売ればXbox360の本体を購入するのに足しになるかも・・・と思い、週末にまとまて売りに行くことを決めた。
自分で思っていた以上に在庫のソフトがあり、結局持っていったソフトは55本もあった。ちなみに、売らずに残したソフトも約30本あったりする(汗)そういえばソフトを売りに行くのって5年ぶりくらいかもしれない。上記の2本のソフトはたまたま高いが、それ以外は古いソフトが大多数だったので、1本100円~300円程度、全部で10,000円~15,000円程度かなと思っていた。それでも使用していないソフトが、Xbox360の購入代金の一部になるなら十分だと割り切った。
買い取りのコーナーで大量のソフトを入れた2つの紙袋を店員さんに渡す。店員さんが2人しかいなかったのでかなり査定に時間がかかるかなと思ったのだが、ソフトの状態をチェックしてバーコードをスキャンするだけという、非常にスピーディーな査定でちょっと驚く。昔はいちいち本体に入れて起動チェックをしたりしてたんだけどな。レジにはバーコードをスキャンされたソフトの買取価格が表示され始めたが・・・私が思っていたよりも買取価格が高い。PSPのソフトを10本程度を処理しているうちに、あっという間に1万円を突破した。これはひょっとして買い取りだけでXbox360の本体が買えてしまうかも!?という色気が出てきた。
最終的にはディスクの状態が悪かった2本と、ゲームキューブソフトは買取対象としていないのか10円という査定になったバテン・カイトス1&2の4本を除いた51本を売却してきた。で、その買い取り総額は・・・約46,000円!!自分の全く予想していなかった超高額での買い取りに大満足である。これならXbox360の本体とソフトを買ってもまだお釣りが出る。超ご機嫌でお店を後にした。

で、昨夜12時頃に某家電量販店のネットショップをチェックすると、先日まで売り切れだった本体が在庫残少として販売していた。積みげーがまだまだ大量にある今、すぐ購入しなくてもよかったのだが、気分が良かったこともあってつい注文ボタンをクリックしてしまった(苦笑)ソフトはずっと昔から気になっていたので本体と同時購入するつもりだった廉価版の『ブルードラゴン』をまず選ぶ。そしてもう1本購入予定だった『ロストオデッセイ』が11月上旬に廉価版で発売になるらしいのでそれもついでに予約注文した。もともと9,000円ぐらいポイントがあったのでそれを使用したので、実際の支払額は先日の買取価格の半分ぐらいで済んでしまった。残りは将来またソフトを買う時用の貯金としよう。

驚くことに昨晩注文したのにもう今日の夕方に本体が届いた。一緒に注文した『ブルードラゴン』はお取り寄せとなっていたので本体のみだが。いよいよこれで現行ゲーム機完全コンプとなった。

| | コメント (0)