« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月29日 (月)

ついてない日曜日

昨日は日曜日だったが仕事で出張だった。出張といっても内容的にはそれほど大変なものではないので土曜日まではだいぶ気楽に構えていた。ところが、出発の時点からいきなりつまづくことになる。

出張先は宇都宮で、東京駅で集合してから新幹線で行くことになっていた。東京駅までは1時間30分もあれば着くのだか、余裕をみて2時間前の8時に自宅を出た。予定通り東京駅には9時30分前には到着。が、新幹線の改札前に人だかりができていて駅員が対応に追われていた。そこで初めて信号トラブルで新幹線がすべて運転見合わせになっているということを知る。職場の方々と合流したのち、在来線に切り替えて宇都宮に向かった。なんとか予定の時間にはギリギリ到着できたのだが、お昼ご飯は5分で済ませなければならなかった。

帰りの新幹線のチケットも手配済みだったのだが、駅には乗車時間の40分以上前に戻って来てしまった。しかし、朝のダイヤ乱れの影響か、はるか前に出発していなければならないはずの新幹線が電光掲示板に表示されている。この調子だと乗る予定の新幹線はいつ頃到着するんだろうと思い、駅員さんに尋ねるとその前までは大幅に遅れているが、乗車予定の新幹線からは平常ダイヤに戻れるとのこと。本当か?と思いつつも、指定席でありゆっくり座っていけることが保障されているので、私は予定通りの新幹線を待つことにした。一方、駅員さんの言うことを信用しなかった一部の方々は、遅れていた新幹線の自由席や、在来線で先に帰路に就いた。
正直半信半疑だったのだが、本当に予約を取っていた新幹線は定刻にホームに到着した。すぐに出発もしたので、これはラッキーだと思った。ところがそれも一瞬のことで、次の停車駅についたあとしばらく発車しなかった。発車した後も停止信号で待ちぼうけ。冷静に考えればわかっていたことなのだが、遅れている東北・上越・山形・長野の各新幹線が、大宮駅からは線路を共有して次から次に東京駅に向かっているのだから、大渋滞が起こっているのは当然なのだ。何度も何度も停止し、宇都宮から1時間かかって大宮に到着。在来線で戻った方が早かったであろう。車内アナウンスでは今後も遅れが見込まれるので、急いでいる方は在来線に乗り換えることを勧めていた。しかし私は急いでいないということもあるが、ここで乗り換えるのもちょっとシャクだったのでそのまま新幹線で待つことにした。
ようやく出発したものの、相変わらず一向に進まない。ようやく次の停車駅の上野駅に着いたが、またもやご丁寧に出発の順番を調整しており、停車してから他の3編成を先行させてからの出発になるとのこと。東京駅まで出てもどのみち新宿駅まで出なければならないので、上野駅から山手線に乗り換えるという手段もあった。が、昨日に限っては「こうなりゃ意地でも東京駅まで行ってやる!」という気になっていた。東京駅からは中央線で八王子まで一本で行けるし、始発駅だからまた座っていこうと考えた。
そんなこんなで東京駅に着いたのは、宇都宮駅を出発してから2時間以上経過した20時過ぎだった。順調なら1時間弱で着くところが、在来線とほとんど変わらないか、むしろそれ以上に時間がかかってしまった。在来線で帰った方々の方が間違いなく正解だったであろう。

新幹線のホームから中央線のホームに向かった。ホームに到着すると、止まっていた電車はすでに満席だったので一本見送ることにした。待っている方は数人しかいなかったので、間違いなく座れるだろう。止まっていた電車が出発し、次の到着電車を待つ。

「電車をお待ちのお客様にお知らせします。ただいま吉祥寺駅にて人身事故が発生したとの第一報が入りました」

・・・どこまでツイてないんだよ・・・

その直後にホームに入ってきた電車に一応乗り込んで座ったが、やがて
「この電車より運転の見合わせを行います。復旧の目処は立っておりません」
とのアナウンスが流れる。重い腰をあげ、地下鉄と京王線の振替輸送に向かう。改札口では振替輸送のチケットをもらうための行列に遭遇。駅員に長々と文句を言っている方がいて、おかげでちっとも列が進まない。こっちは朝からずっとこんな調子だから、もう文句を言う気にもならない。とっととチケットだけくれればいいのに、と投げやりな気分だった。

取った選択がすべて裏目に出た1日だったが、最寄り駅に着いたら今度は雨まで降ってくる始末。そんなこんなで自宅に帰りついたのは10時を過ぎてしまい、何もする気もなくなってしまった。久しぶりにトレカを入手したこともあり、出張から戻ったら久しぶりにメインのHPを更新するつもりだったのに、完全に気力を削がれてしまった。

| | コメント (0)

2008年9月24日 (水)

どこまでがお小遣い?

私は給料日が20日なので、8/21~9/20の分のU-10,000の結果について報告をしようかと思ったのだが、どの出費をお小遣いの範囲とするかで達成しているかどうかが変わってくるのでかなり迷っているところである。まずこのコーナーを始めた時に、交通費・送料・振込手数料については対象外とした。ところがいざ集計を始めると、お小遣いといっていいのか微妙な出費が結構出てきたのだ。具体的にあげると、この1ヶ月だけでも散髪代、冠婚葬祭に関するもの、職場の懇親会などのいわゆる交際費、家族の誕生日のプレゼント代、家族で出かけた時の出費である。例外をどんどん作ってしまうと節約にはつながらなくなってしまうのは重々承知なのだが、逆にこれらを節約すると色々な弊害が出てしまいそうだ。
そんなわけで、まず今月の出費のうち交通費・送料・振込手数料・散髪代・冠婚葬祭費・家族での出費(プレゼントを含む)を除いた場合は、11,200円で若干オーバーとなった。しかし、ここからさらに交際費を除くと6,600円で余裕でクリアということになる。そうなると一応目標は達成したことにはなるのだが、実際には相当な出費があったので全然その実感はない。
うーん、節約効果はかなり低くなるが、ここはいっそのこと「趣味への出費は1ヶ月に1万円以内」と方針を変えた方がいいのかな。数ヶ月集計をしてみてから、もう一度検討しようと思う。

| | コメント (0)

2008年9月22日 (月)

逆転裁判4 クリア!

8月中旬に始め、通勤中のみにプレイしていた『逆転裁判4』を先週土曜日にクリアした。3までと主人公が変わり新章開幕とうたっていたのだが、3までに出てきたキャラクターも多数登場しているし、むしろ主人公より目立っていたような気がする。それといままでのシリーズに比べるとストーリーも短めで、特に悩むこともなくサクサク進んだので、通勤中だけにもかかわらず1ヶ月でクリアできてしまった。
こう書くと駄作のように見えてしまうが、水準以上の出来なのでDSを持っていてアドベンチャーゲームをプレイしたい方にはお奨めできるソフトである。なかなか続編の話が出てこないが、もし出ればもちろん購入するつもりである。

一方自宅でやっているPSPの『英雄伝説 空の軌跡 The 3rd』の方は、全8章中の5章に突入した。プレイし始めてからまだ10日程度で、それほどプレイしているわけではないのに、今作はかなりサクサク進んでいる。今回もサブクエストが多数収録されているが、ほとんどが短い時間でクリアできるものなので、今週からは自宅ではメインストーリー、通勤中にはサブクエストといった形で進めていこうと思っている。
それにしても、このシリーズって本当に面白い♪

| | コメント (0)

2008年9月18日 (木)

おかあさんといっしょ

数日前の話だが、NHKのテレビ番組『おかあさんといっしょ』の収録に行って来た。もちろん出演するのは私ではなく長女である。3歳の子供のみが出演の対象となっており、今年に入ってずっと応募ハガキを出し続けていたところ、ギリギリ3歳のうちに(今月21日が4歳の誕生日)当選したというわけである。
仕事を半休してNHKまで一緒に行ったのだが、事前予告どおり本当にスタジオには本人と保護者1名しか入れてもらえなかった。収録の模様を別室で見れるわけでもなく、エントランスで足止めなのですることもない。収録には1時間30分ほどかかるということだったので、一度新宿まで移動して所用を済ませてから戻った。
NHKに戻ってまもなく、出演者たちが戻ってきた。長女は私の姿を見つけてご機嫌な笑顔で走ってきた。その様子を見て収録はうまくいったなと安心する。女房に聞くと、泣き出したり親元からなかなか離れない子も多くいる中、全く問題なかったとのこと。踊りなどもそこそこ出来ていたとのことなので、1ヶ月後の放送が楽しみである。
ちなみに放送日は10月16日(木)である。←知り合いの方は念のためビデオ録画に協力をお願いします。

| | コメント (0)

2008年9月14日 (日)

Xbox360

先週11日にXbox360が値下げされたのを機に、そろそろ購入を検討しようかなと思い始めた。もともと興味はあったのだが、やはり本体が高額であることと、私が苦手なアクションゲームだらけということでずっと見送っていた。ところが逆に私が好きなRPGに期待して購入したPS3では一向に良作のRPGが発売されず、発売の予定はむしろXbox360の方が圧倒的に多くなってしまったことで気になりだしたのだ。
で、先日たまたま何気なく近くにあるレンタルビデオ店の折り込みチラシを見たらゲームソフトの買取価格が一覧表で載っていたので、いま手元にあるソフトで買取が高いものってあるのかなとチェックすると、『ポケモンダイヤモンド』が2,800円、『英雄伝説 空の軌跡SC』が2,800円と書いてあった。・・・そんなに高く買い取ってくれるの!?ポケモンはプレイする気ないし、空の軌跡SCはほぼ完璧なクリアをしたので、2周目をやるとしても数年先だろうから売ってもいいなと考える。この2本だけで5,600円なら、どうせほとんどプレイしない他の古い在庫のソフトを売ればXbox360の本体を購入するのに足しになるかも・・・と思い、週末にまとまて売りに行くことを決めた。
自分で思っていた以上に在庫のソフトがあり、結局持っていったソフトは55本もあった。ちなみに、売らずに残したソフトも約30本あったりする(汗)そういえばソフトを売りに行くのって5年ぶりくらいかもしれない。上記の2本のソフトはたまたま高いが、それ以外は古いソフトが大多数だったので、1本100円~300円程度、全部で10,000円~15,000円程度かなと思っていた。それでも使用していないソフトが、Xbox360の購入代金の一部になるなら十分だと割り切った。
買い取りのコーナーで大量のソフトを入れた2つの紙袋を店員さんに渡す。店員さんが2人しかいなかったのでかなり査定に時間がかかるかなと思ったのだが、ソフトの状態をチェックしてバーコードをスキャンするだけという、非常にスピーディーな査定でちょっと驚く。昔はいちいち本体に入れて起動チェックをしたりしてたんだけどな。レジにはバーコードをスキャンされたソフトの買取価格が表示され始めたが・・・私が思っていたよりも買取価格が高い。PSPのソフトを10本程度を処理しているうちに、あっという間に1万円を突破した。これはひょっとして買い取りだけでXbox360の本体が買えてしまうかも!?という色気が出てきた。
最終的にはディスクの状態が悪かった2本と、ゲームキューブソフトは買取対象としていないのか10円という査定になったバテン・カイトス1&2の4本を除いた51本を売却してきた。で、その買い取り総額は・・・約46,000円!!自分の全く予想していなかった超高額での買い取りに大満足である。これならXbox360の本体とソフトを買ってもまだお釣りが出る。超ご機嫌でお店を後にした。

で、昨夜12時頃に某家電量販店のネットショップをチェックすると、先日まで売り切れだった本体が在庫残少として販売していた。積みげーがまだまだ大量にある今、すぐ購入しなくてもよかったのだが、気分が良かったこともあってつい注文ボタンをクリックしてしまった(苦笑)ソフトはずっと昔から気になっていたので本体と同時購入するつもりだった廉価版の『ブルードラゴン』をまず選ぶ。そしてもう1本購入予定だった『ロストオデッセイ』が11月上旬に廉価版で発売になるらしいのでそれもついでに予約注文した。もともと9,000円ぐらいポイントがあったのでそれを使用したので、実際の支払額は先日の買取価格の半分ぐらいで済んでしまった。残りは将来またソフトを買う時用の貯金としよう。

驚くことに昨晩注文したのにもう今日の夕方に本体が届いた。一緒に注文した『ブルードラゴン』はお取り寄せとなっていたので本体のみだが。いよいよこれで現行ゲーム機完全コンプとなった。

| | コメント (0)

2008年9月 8日 (月)

バテン・カイトスⅡ クリア!

7月上旬から始め少しずつプレイしていた『バテン・カイトスⅡ』を先週末にクリアすることが出来た。アイテム収集や多数のサブクエストの完全制覇を目指して寄り道ばかりしていたためストーリーが終盤からなかなか進まなかったが、先週半ばにはそれらの完全制覇も完了したので、週末に一気にエンディングまで進めてしまった。トータルのプレイ時間は85時間ぐらいだったが、夏休みに没頭できたこともあり約2ヶ月でクリアできた。
前作も私としては高評価だったが、今作はそれをさらに上回っていると感じる。独特のバトルシステムも簡略化されテンポが良くなっており、終盤はアイテムなどの補正のおかげでコンボが繋がりまくるのでもの凄い爽快感がある。シナリオも前作ほどではないが伏線が多くなかなか先が見えてこないし、意外な展開に何度か驚かされた。そして音楽については秀逸で、まずは通常戦闘曲がカッコイイ。ダンジョンやその場の展開にあった音楽も多く、少し資金に余裕が出来たら前作分と合わせて久しぶりにゲームのサウンドトラックを購入したいなと思っている。
余談だが、最近このバテン・カイトスシリーズが密かに注目され始めているようで、Amazonでは私が購入した時よりも新品や中古の値段が上がってきている。この調子でだんだんと売れて人気が出て、続編を販売してくれないかなぁ・・・。

さて次はPSPの『英雄伝説 空の軌跡 the 3rd』をプレイしようと思う。携帯機ということで、現在通勤中にプレイしているDSの『逆転裁判4』がクリアできれば、通勤中もこちらに切り替えようと思っている。そうすれば10月末ごろにはクリアできるであろうから、うまくいけば年内にさらにもう1本RPGをクリアできるかもしれない。これから発売されるゲームに興味があるものが次々に出てくるので、早く積みゲーを片付けていかなければ。

| | コメント (0)

2008年9月 6日 (土)

かっちぃ流節約生活 第5回:保険編その2 +α

1.自動車保険の見直し(その2)
第2回:保険編の時に、女房の車の保険を更新する時に保険会社をインターネットで契約する保険会社である『三井ダイレクト損保』に変更し、軽自動車にもかかわらず年間で1万2千円程度安くなったということを書いた。そしていよいよ自分のアルファードの方の更新時期があと2ヶ月と近づいてきたので、早速同じ『三井ダイレクト損保』で見積もりをしてみた。
ちなみに現在契約している某保険会社の年間保険料は10万円ちょっと。等級による割引率は更新後も変わらないので、このまま更新して安くなったとしても車両保険の分だけなので、どんなに多く見積もっても1万円も下がらないだろう。
で、実際に『三井ダイレクト損保』の見積もりされた年間保険料はというと・・・

5万2千円!?

いや、さすがにそれはおかしいだろう。いくらなんでも現在の半額っていうのは安すぎるし。保障条件や特約の入力を間違ったかな?と思いながらもう一度チェックしたが、やっぱり正しい。保険ごとの明細もちゃんと出ていて、車両保険もちゃんと含まれているし。ということは新しい保険会社が安い、もしくは今までの保険会社が高かった、あるいはその両方ということになるのだが、いずれにしても予想以上に自動車保険料を節約できることになったのは嬉しい限りである。
冷静に考えれば、自動車保険というのは保障内容が相応のものであれば安いにこしたことはないと思えてきた。大前提は『事故を起こさない』ように自分自身が十分注意することであり、安全運転をしていれば、事故を起こす確率は低くできるはずなのだ。『自分は保険に加入しているから、もし事故を起こしてしまった場合でも大丈夫』という意識が正直少しあったと思う。だが、これからは事故を起こさない、保険はもし事故を起こしてしまったり、事故に遭ってしまった場合のための、あくまで『保険』なのだと意識を変えようと思う。

2.水道料金の支払いもクレジットカードへ
第1回:通信費・娯楽費編の時に、支払いのほとんどをクレジットカードに1本化したと書いた。で、固定費でクレジットカード支払いが出来ないのは住宅ローンと都民共済と水道代だけだったのだが、予想したとおり水道の管轄が八王子市から東京都に変わったおかげで、10月からクレジットカード払いが出来るようになった。水道代も結構バカにならない金額を支払っているので、ポイントがかなり貯められるのでありがたい。

とりあえず今回までで、節約策と水道光熱費を削減するために投資した内容については全て書き終わったと思う。これに先日宣言した『U-10,000 お小遣い編』もあわせ、当分は節約生活を送るつもりである。これらの節約効果や前年度との比較、投資費用の回収状況については、メインのHPにて定期的に報告をしていこうと思う。
ちなみに8月21日~9月20日の期間の『U-10,000』については、今日現在ですでに8,500円と、あと半月あるにもかかわらず達成が微妙な状況に。交通費・送料・振込手数料は除くことにしたのだが、散髪代も除くことにしようかなぁ(苦笑)

| | コメント (0)

2008年9月 4日 (木)

FC東京 勝サンド

今年のFC東京 勝サンドにはカードが同梱された。全31種で登録選手全員がカード化されており、1個に3枚~4枚がついてくるというアナウンスだった。発売された直後は31種のうちランダムに入っているのかと思ったのだが、しばらくたつとセットの組み合わせは決まっていることが判明した(詳しくはメインのHPのFC東京コレクションを参照してください)。多少は救われたのだが、それでも全31種が10パターンにされているし、そもそも生産数が少なく売り切れることが多いので、コンプは相当厳しいだろうなと覚悟していた。
ところが、つい先日思いのほか早い段階で全31種をコンプすることが出来た。始めのうちは売り切れが多く、発売開始後4回目ぐらいでようやく3個購入することが出来た。その時を含めて、いままで4回ほど1度に3個ずつ購入している。合計12個の購入で8パターンしか集まらなかったのだが、幸運にもちょうどダブった塩田セットと今野セットと、未所有だった茂庭セットと梶山セットとのトレードが2度に渡って成立し、コンプすることが出来た。
トレードでコンプ達成というのはやはり醍醐味がある。忘れかけていたトレカ収集の本来の姿を思い出させてくれた気がする。ほんの数年前の話なのに、HP上にレギュラーカードやインサートカードのトレードリストを作成し、頻繁にたくさんの方のHPをチェックしては、未所有のカードを探していた頃が懐かしく感じる。新規購入を休止してしまった今、むしろまた本格的にトレードリストの更新をしてトレードをお願いするような収集にシフトすべきなのかな。対象が過去のシリーズばかりなのであまり効果はないかもしれないが・・・。

| | コメント (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »