« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月31日 (日)

かっちぃ流節約生活 第5回:電気代編その2

6月中に1ヶ月に渡って『かっちぃ流節約生活』の連載を行ったが、今回はその続編を書こうと思う。東京電力のHPで一般家庭と比較したところ、5月から11月の間は平均もしくはそれ以下だが、12月から上回り始め、1月から3月は一般家庭の約2倍の電気料金となっていることが判明し、その原因は暖房器具の選択ミスだったということは前回に書いた。今年の冬は暖房器具を見直そう・・・そう考えていたところに意外なところから対策案が飛び出してきたのである。

前回の電気代節約の対策として、最後に太陽光発電の導入についての検討していることを書いたが、結論から言えば今年の導入は見送ることにした。やはり投資費用を節約効果で回収するには、概算では25年から30年かかるというのがネックで、家族にも了承が得られなかった。非常に高額な支出なので家族から了承を得られない以上、現時点では見送らざるを得ない。でも決して完全に諦めたというわけではなく、いつかは導入したいという気持ちは持ち続けている。
で、この太陽光発電について業者さんと打合せしている際に、冬場の電気代が高くなるのを節約するいい方法はないかと相談したところ、「蓄熱式暖房器を導入して、電気料金プランを夜間が安くなるプランに変更するというのはどうか」というアドバイスを頂いた。蓄熱式暖房器というのは初めて聞いたので早速インターネットで調べる。なるほど、夜間に電気でレンガを暖め、昼間はその放射熱でじわりと暖めるという暖房器具らしい。寒冷地では結構普及しているようだ。住んでいる八王子は、東京都とはいえ冬場の朝の冷え込みは都心に比べて5度程度低いので、ある意味寒冷地。インターネットで調べる範囲では軒並み評判がいいようなので、前向きに検討をすることにした。

1.蓄熱式暖房器の設置
これは暖房効果が目的と言うよりも、電気料金プランを夜間が安くなるプランに変更することの方に重点をおいての設置である。暖房費が一般家庭の2倍となっている理由は暖房器具の選定ミスだけでなく、夜間に家族が各部屋に分かれて暖房器具をそれぞれ使用していることも原因である。もし夜間の電気料金がプラン変更によって現在の半分程度の単価になれば、ざっと考えても電気料金は3分の1ぐらいはカットできるはずである。
さらに昼間に女房子供が自宅にいるため、昼間の暖房費もかかる我が家にとっては、夜間の安い電気料金でレンガを暖め、昼間はその放射熱で暖房をするということであれば、こちらも間違いなく暖房費の節約につながるはずである。データ上では、1ヶ月の電気料金で比較すると蓄熱式暖房器で24時間暖房をするのと、エアコンで8時間暖房するのがだいたい同じぐらいらしい。この両方がうまく目論見通りの効果を発揮してくれれば、暖房費は半額になるであろう。獲らぬ狸の皮算用だが、うまくいけば設備投資も5年程度で回収できるかもしれない。
ただしこの蓄熱式暖房器の最大のデメリットは、重量が非常に重いため完全に据え置きになってしまうことである。つまり使用しない春・夏・秋でも鎮座していることになる。このデメリットについて家族への説得が非常に難航したことは言うまでも無いであろう(苦笑)
結局はリビングへの設置は許可が下りず、妥協案として廊下のデッドスペースへの設置となった。なのでどの程度の暖房効果が出るのかは正直未知数である。ただ、冬場の廊下の寒さが改善されることと、各部屋の入口に近く、建物のほぼ中心に位置している場所なので、ある程度建物全体に効果があるのではないかと私は予想しているのだが・・・。その廊下への設置になってしまったということが、暖房効果が目的と言うよりも、電気料金プランを夜間が安くなるプランに変更することの方に重点をおいたという理由である。

2.そしてオール電化住宅へ
蓄熱式暖房器の導入は決定したのだが、これは200Vの機器のため電気工事が必要となる。それならばどうせついでなので、同じ200Vの機器を使用するIHクッキングヒーターやエコキュートを導入する、いわゆるオール電化住宅へのリフォームも検討してみようかと考えた。実は電気代の節約を検討した時にオール電化には多少興味は持ったのだが、新聞広告でちらっと見たらだいたい100万円程度かかるようで、投資費用と節約効果をシミュレーションしたところ採算が取れなかったのであっさりと諦めた経緯があった。だが、どうせ電気工事をするのなら一緒にオール電化にしてしまえば、少なくとも電気工事代分は安くなるだろうと考えたのだ。インターネットでIHクッキングヒーターとエコキュートの機種の評判をチェックし、IHクッキングヒーターはナショナル、エコキュートは日立で、評判の良かった型番を指定して見積もりをしてもらうことにした。
見積もりの結果は私の予想よりも安く、このオール電化のIHクッキングヒーターとエコキュート、蓄熱式暖房器、それぞれの工事費、そして電気工事代と、全て込みにしても100万円以下だった。そこで再度投資費用と節約効果をシミュレーションすると、8年程度で回収できる計算になった。耐用年数でいえばIHクッキングヒーターが10年、エコキュートが10年、蓄熱式暖房器が20年なので、十分採算が取れそうだ。
自宅を新築して8年が経ち、どのみち数年以内にガス給湯器の寿命が来るので買い替えもしなければならない。今ならエコキュートの導入には国から4万2千円の補助金も出る。さらにオール電化にしてしまえば全電化住宅割引が適用になり、電気料金が5%割引になる。そういったこともオール電化住宅へリフォームすることについて私を後押しした。
ということで、オール電化を一緒にすると採算が取れること、そしてそれ以外にも事情やメリットがあることについて家族に力説する。しかし聞いてる家族は今までの節約対策に続き、どんどん新しいことを持ち込まれて、何がなんだかサッパリわからないという様子。半ば呆れ果てており、理解して納得させるには相当時間がかかりそうになってきたので方針転換。間違いなく数年以内に返済するので資金貸与して欲しいということだけを説得、なんとか了承を得ることが出来た。

そんなわけで、電気代節約のための第2弾として蓄熱式暖房器+オール電化という対策を取ったわけである。蓄熱式暖房器については冬にならないと効果がわからないが、エコキュートについては特に家族からは不満は出ていない。IHクッキングヒーターについては女房・母親ともに使い勝手について賛否があるようだ(良い点は火力(電力)が強い・掃除が楽、悪い点はフライパン料理の際にすべるのと振る調理がしずらい、揚げ物の際の温度が思ったより上がらない)。たしかにIHクッキングヒーターは慣れるまで大変なのかもしれないが、私としてはなにより安全性を重視している。
さて、果たしてシミュレーションしたとおり採算が合うのか、今後もデータを取っていくと同時に、節約に関する参考データとしてこちらでも定期的に公開していこうと考えている。

それにしても住宅ローンに自動車購入代とオール電化代、借金が雪だるま式に増えてきたな。でもさすがにここまで借金で追い込まれれば、無駄遣いも出来なくなるから間違いなく節約・貯蓄にはつながるだろう(苦笑)

| | コメント (0)

2008年8月28日 (木)

フリータイムのツケ

女房・子供が実家に戻っている間は完全フリータイムを満喫したのだが、ある意味そのツケが回って来てしまった。日曜日の朝からまず次女が体調を崩し始める。始めは鼻水と咳が少し出るくらいだったのだが、夜になって急激に悪化し、38度以上の高熱が出始める。横にすると苦しくてあまり寝付けないようなので、仕方なく女房と交代制で朝まで抱っこしたまま寝かせた。
朝になると今度は長女の方も風邪の諸症状が出始める。さらには女房までも熱を出してしまった。次女もまだ熱が38度以上ある。さすがにこの状態で放置するわけにはいかないので、とにあえず3人を病院に連れて行ってから出勤しよう、場合によってはそのまま休暇を取ろうと考えた。
朝一番で病院に向かい、病院の駐車場から職場に電話する。ところが上司は出勤していなかった。先週も体調不良で休みがちだったが、さすがに月曜日には出勤してくるだろうと思っていたのだが甘かった。さらに他にも2人欠勤の連絡が入っているとのこと。平社員とはいえ部署で2番目という立場上、そのような状況では遅刻してでも出勤せざるを得なくなってしまった。
3人の診察を終え、自宅に戻ったのちすぐ出勤。午後7時頃には業務が片付いたので速攻で帰宅した。しかし帰宅した自分を待っていたのは朝よりさらに症状が悪化した家族の姿だった。
次女は薬のおかげか多少落ち着いており、日曜日の夜のように泣き喚くことはなくなっていた。しかしグタっとしており元気はなく、熱もまだ38度前半だった。長女は逆に症状が極めて悪化しており、熱が38度後半、咳も多発するせいか体中が痛く、呼吸も苦しいようで泣き喚いていた。女房は風邪の症状は少し落ち着いたようだが、看病中に右足太腿を痛めたそうで、立っているのがキツイという状況になっていた。

そんな状況だったので、月曜日の夜以降は全く遊ぶ時間は取れず、仕事と看病の日々を送っている。睡眠時間も家では数時間しか取れないので、通勤中は爆睡している。相変わらず上司は体調が悪いようで、結局月曜日から4日連続欠勤中だし。休みたいのはこっちだ。

次女はだいぶ快方に向かってきているし、長女もさすがにそろそろ良くなってくるだろうとは思うので、おそらく週末にはだいたい回復するだろう。しかし一番重症だったのは女房で、昨日病院で診察した結果、右太腿肉離れ・全治3週間らしい。なるべく安静にしてもらって早く治してもらわないと。

とまぁ、世の中はどこかで釣り合いが取れるようになっているというお話しでした(苦笑)

| | コメント (0)

2008年8月23日 (土)

FC東京 チームエディションプレミアム

今日ネットショップを見ていたらFC東京チームエディションプレミアムの11月発売が決定したらしい。構成をチェックしたら直筆サインが直書き仕様で31種あるとのこと。ということは、収集対象としているFC東京での初サインとなる選手が10人以上いることになる。これを見てあっさりと心は決まった。

収集対象をさらに縮小し、基本的にメモラビリアは梶山のみ収集対象とする。

いまだに今年のチームエディションで収集対象となっている長友・エメルソン・羽生・大竹の直筆サインを入手出来ていないのに、さらに10種以上加わるとなるとさすがに資金的に限界である。なので収集対象をさらに縮小し、メモラビリアは梶山のみとすることにした。サインについては練習場でカードやグッズに選手に直接書いてもらおう。

こう割り切って考えた途端、トレカ収集について気分的にだいぶ楽になった。メモラビリア収集=高額の資金繰りということが常に頭にあっただけに、結構精神的に負担になっていたのかもしれない。メモラビリア1枚、トレカ1ボックス<ゲームソフト数本=数ヶ月楽しめるという図式が私の中で出来上がった。

以前HPの方で「U-10,000」というコーナーを設け、トレカの購入は月に1万円以内にするという目標を立てていた。目標は変わるが、来月からまたこれに取り組むことにした。

「U-10,000 お小遣い編」
1ヶ月のお小遣いを1万円以内で生活をするという目標である。・・・ていうか義務である。住宅ローンや家族への借金(自動車購入代と○○○○○代←後日書きます)の返済のため、それぐらい厳しい目標を立てないといけないと覚悟した。もちろんHPやブログのコーナーとするほどではないのだが、備忘録として記録をつけていくのも有りかなとも思っている。

| | コメント (0)

2008年8月22日 (金)

あっという間の夏休み 後編

前回夏休み前半の家族旅行について書いたので、今日は後半について書こうと思う。

13日はとにかく一日静養。私だけではなく家族全員でどこにも出かけずノンビリ過ごした。

14日は朝から女房の実家へ。当初の予定では私だけその日に日帰りする予定だったのだが、夕食を食べに行ったりしたため結局私も1泊することになった。

15日の昼食を食べたあと、私だけ自宅へ帰る。つまり女房・子供は女房の実家にしばらくお預け。
そう、そんなわけで、15日の午後からは

♪♪ 念願の完全フリーターイム ♪♪

女房・子供が戻ってくるのは19日なので、非常に長期のフリータイムである。夕方に自宅に戻ってからはかなりウキウキだった。

で、その15日の午後から仕事が始まる18日まで何をしていたかというと・・・みなさんのご想像通りゲーム三昧。正確に言うと16日の夕方からはサッカー観戦に出かけ(負けたので内容は書かない)、17日の午前中はクリーニングを取りに外出しているが、それ以外の時間は引きこもってほとんどゲームに費やした。
トレカに関することでは、カードを整理したり、HPの各種リストを更新したり、画像を載せたりといったことをやろうかと思ったのだが、いまいち気乗りがしなかったので全く手をつけなかった。昔なら真っ先にこれから取り組んでいたのだろうが・・・自分の中でかなり優先順位が下がってきたようだ。
もちろん他にも外出したり、買い物に行ったり、久しぶりにゲーセンにも行きたいというのはあったのだが、家族旅行でかなり出費したので、いかんせんそれらに使う資金がなかったのだ。16日のサッカー観戦前の手持ち資金が2千円ちょっとしかなく、夕食などを購入したら千円ちょっとまで減少。給料日である20日までそれでもたせなければならず、出るに出られなかったのだ。
もちろんカードを使用すればその場はしのげるのだが、今回の家族旅行の宿泊代やガソリン代・高速代が来月まとめて引き落としになるのでこれ以上の出費は控えたほうがいいと判断した。ちなみに、最近は節約と食事制限の関係で弁当にしていたのだが、女房のいない18日と19日は昼食を外食するか購入しなければならなかったため、20日の朝の出勤時には財布には230円しか残っていなかった(苦笑)

で、引きこもってずっとプレイしていたゲームはゲームキューブ(Wiiでプレー可能)の『バテン・カイトスⅡ』である。他にもたくさんソフトは所有しているのに、本当にこのソフト1本だけしかやらなかった。長時間プレイするには、やはりテレビの大画面でやる据え置き機の方がいいなとつくづく感じた。
PSPの『英雄伝説 空の軌跡SC』をクリアした7月上旬から始め少しずつプレイしていたのを、今回のフリータイムで一気に進めることが出来た。正確に言うとアイテム収集や、多数のサブクエストをしらみつぶしにクリアしていたので、ストーリーはようやく終盤に差し掛かったところまでしか進んでいないのだが(汗)
前作は独特のバトルシステム、少し暗くて重いシナリオ、なによりも音楽が素晴らしかったが、今作はそのバトルシステムが簡略化されテンポも良くなっており、前作同様伏線が多くなかなか先が見えてこないシナリオ(また先日も意外な展開にビックリさせられた)、そして音楽と、私としては非常に楽しめている。ちょっと居眠りしているうちに雑魚キャラに全滅させられ、しばらくセーブしていなかったため1時間以上無駄にしてへこんだのは2回あるが

いまのペースでいけば9月中にはクリアできる(メインのストーリだけなら今月中にクリアできてしまう)だろう。うまくいけば年内にもう1本ぐらいはRPGをクリアできるかな。次はPSPの『英雄伝説 空の軌跡 the 3rd』の予定なのだが、これで去年買ったゲームでまだクリアしていない多数の積みゲーは来年まで持ち越すことがほぼ確定である。中古で購入したドリームキャストも起動させていないし、それよりなによりPS3をほとんど使用していないというのもなんとももったいない。ただ、PS3でプレイしたいゲームがほとんどないんだよな。だったら買うな。むしろXbox360の方では興味のあるRPGが結構あったりする。いかん、誘惑に負けないようにしないと(苦笑)

| | コメント (0)

2008年8月18日 (月)

あっという間の夏休み

長いと思っていた夏休みも昨日で終わり、今日から社会復帰である。当初は家族旅行から戻ったら更新をしようかと思っていたのだが、旅行から戻ってからはゲームに没頭していたこともあり、いっそのことブログも夏休みに・・・となったわけである(苦笑)

前回書いたように、7日の朝8時頃出発し、お昼頃に『浜名湖パルパル』という遊園地に到着。子供向けの遊園地のため3歳の長女の乗れる乗り物がたくさんあり、しかもほとんどの乗り物が待ち時間ゼロという快適さ。その後家族全員でプールへ。最初は子供用のプールで遊んでいたのだが、保護者同伴ならOKということなので私は長女を連れて流れるプールの方へ移動する。長女は浮き輪をつけていたのである程度自分の意思どおり泳げるため、流れるプールで大はしゃぎしていた。
しばらく遊んで子供用プールに戻ると、9ヶ月の次女が座ったまま水をバシャバシャ叩いて遊んでいたのに驚く。長女が1歳未満の時はプールでは水を怖がっていたのに・・・。
プールから上がった後もいくつか乗り物にのり、近くにある系列のホテルにチェックインした。食事は予想していた以上においしく、またボリュームもあったので満足。ちなみに長女はプールと遊園地ではしゃぎ疲れたのか、食事中に眠ってしまった(笑)

8日は9時頃にホテルを出発し、伊勢神宮に向かった。ただし長時間のドライブなので次女が時々ぐずるため、途中何度か気分転換を兼ねて休憩を取る。そんなこんなで5時間かかり、伊勢神宮には14時頃到着。今回の旅行の目的である、次女誕生の御礼参りを無事にすることができた。その後は赤福本店で『赤福氷』を食べ、大好物である赤福をお土産に購入した。
その後さらに鳥羽方面に南下し、2年前に泊って家族からも好評だった相差(おうさつ)の旅館に向かった。1時間ほどで到着し、チェックインをした際に今日の宿泊客は4組で、ご親切にも各団体のだいたいのスケジュールまで教えてくれた。これは貸切風呂の時間をどの時間にするかということが理由なのだが、ちょうど20時頃が空いていたのでそこで予約を取る。さらに「いまの時間なら大浴場も誰もいないはずなので貸切状態ですよ」と勧められたので、食事前に汗を流すことにした。私は長女を連れて入浴したのだが、本当に出るまで貸切で使えたのでノンビリできた。
食事については期待を裏切らない内容だった。伊勢海老付きの船盛りやら鍋やら煮つけやら炊き込みご飯やらとにかく豪華でボリューム満点だった。

9日は朝食前に海岸を散歩する。旅館から徒歩で2分ぐらいのところが海なので、この旅館の宿泊者のほとんどは海水浴が目当てのはずである。ただ、なぜか長女が海を怖がるので我が家は海水浴をしないのだが(苦笑)
砂浜で長女と一緒に貝殻拾い。そんな何気ない時間と海が自分のこころを洗ってくれた。
朝食を食べ、9時過ぎにチェックアウト。同じく今回の旅行の目的である、神明神社に向かう。『石神さん』とよばれ、女性の願い事を必ず一つは叶えてくれるというこの神社は、女子マラソンの野口みずきさんのおかげで有名だと思う。2年前に偶然に相差に泊まった際に知り、こちらも伊勢神宮同様に次女誕生という願いが叶ったので御礼参りをした。
その後は父が住んでいる伊豆高原に向かう。今回の旅行で最大の心配だったのがこの長距離移動。車の運転もそうだが、それ以上に次女が耐え切れるかが非常に不安だった。
頻繁に休憩を取ったこともあり、伊豆高原の別宅についたのは18時頃だった。相差を出たのが10時頃だったから、8時間もかかったことになる。で、心配していた次女はというと・・・最後の1時間ぐらいは限界だったようでほとんど泣き叫んでいた。何回休憩して気分転換させてもチャイルドシートに座らせるとすぐ泣き出す始末。大人だってきついんだから、そりゃそうだよな・・・。可哀想な思いをさせて申し訳なく思っている。

10日は午前中は何もせずにノンビリと過ごし、午後から1時間程度長女と2人でプールへ行った。別宅があるのは別荘地内のため、管理事務所のすぐそばにプールがあるのだ。6レーンある25メートルプールと子供用プールがあり、私たちが行った時は4家族しかいなかったのでガラガラだった。ここでも長女は大はしゃぎだった。
夕方からは伊東で行われた花火大会を見に行った。3年前も同じように1歳になる前の長女を連れて行ったのだが、その時は長女が花火の爆音に大泣きして止まらず、わずか10分で会場を後にした。さて、次女はいかに?
花火が打ち上げられ始めた途端、予想通り爆音に驚いて泣き始める次女。だが、長女の時ほどの大泣きでもないし、泣きながらも花火を目で追っていたのでちょっと様子を見ることにする。なるべく音が聞こえないように手で耳をふさいであげたせいか、多少泣きながらも花火を見続ける次女。しかし、やはり音がうるさいのと飽きもあるのだろう、ぐずり始めたので、長女よりは長くはなったが30分程度で会場を後にした。

11日はお昼頃から伊豆ぐらんぱる公園へ。ここでも長女は大はしゃぎで、とにかく乗りものに乗りたがる。アスレチックや遊具を使っての、お金のかからない遊びをするつもりで来たのだが、目論見はもろくも崩れた(苦笑)
16時頃からは伊豆テディベアミュージアムへ。ここも3年ぶりとなるが、ちょうど『となりのトトロのぬいぐるみ展』をやっていて、子供たちよりも女房がはしゃいでいた(笑)
その一角で『崖の上のポニョ』のぬいぐるみが置いてあったのだが・・・うーん、次女そっくり(笑)ようやくつかまり立ちをし始めたばかりなのでうつぶせの姿勢が多いだけに、赤い服を着せたり、頭からタオルを掛けたりするとポニョそっくりなのだ。親族の間では次女は名前ではなく『ポニョ』と呼ばれているぐらいである。

12日は朝食を食べ、10時頃に自宅に向けて出発した。途中渋滞したところもあったが、夏休みにしては比較的順調だった。途中に買い物をしたこともあり自宅に着いたのは16時頃になったが、無事に5泊6日の旅行から帰って来れた。当初の予定より1日伸びたが、父が住んでいる別宅だけに宿泊代がかからないのは嬉しい限りである。

ちなみにこの6日間の走行距離は約1,100kmだった。相当な距離を走った割りには運転中は疲れを感じなかったが、それでも1人でずっと運転しただけに精神的には結構疲れた。でも今回の旅行は食事も当たりだったし、充実していたので本当に楽しかった。

かなり長くなったので、続きはまた後日ということで・・・。

| | コメント (0)

2008年8月 6日 (水)

いつの間にか夏休み

前回ブログを更新したあとも体調はなかなか回復せず、30日から微熱が出始める。休むわけにはいかなかったのでなるべく省エネで仕事をこなすが、31日と8月1日は38度台になって熱で体のあちこちが痛むし、なにをするにもあまり力が入らない状態だった。頭の回転もイマイチで、声にも力がないせいか、電話越しでも体調不良がバレテしまったりもしたが、どうにかこうにか踏ん張って仕事をこなした。
2日の土曜日は休みだったので完全にダウン。3日・4日と出張の予定が入っていたのでなんとか1日である程度回復させなければならなかったので、病院に行った以外は安静にしていた。
そのおかげか出張の2日間は熱も36度台で安定しており、咳やのどの痛みや頭痛はあったものの無難にスケジュールを消化することができた。

そして昨日から一足早い夏休みに突入である。職業柄、夏休みだけは他の業界に比べたら長期で取れるのだが、それにしても今年は例年以上に長い夏休みである。昨日も体調回復に専念したのでだいぶ良くなり、多少咳やのどの痛みがあるものの、先週とは比べものにならないくらいである。
で、明日からは4泊5日(予定)の家族旅行である。特に長女がずっと楽しみにしていたので、この旅行までには何が何でも体調を回復しなければならなかったのだ。明日の早朝に出発し、明日は『浜名湖パルパル』という遊園地で遊び、その近くのホテルに1泊、あさっては自身4度目となる伊勢・志摩方面での観光である。私のお目当ては『赤福&赤福氷』、そして以前泊って家族からも好評だった旅館の食事である。土曜日からは伊豆高原にある父が住んでいる別宅で数日間過ごす予定である。

というわけで、久しぶりの更新にも関わらず、また次回の更新も約1週間後になりますという予告である(汗)更新するネタには困らないぐらい色々あるので、旅行から戻ったら少しずつ書いていこうと思う。

| | コメント (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »