« Wii Fit の効果測定(11週間経過) | トップページ | 第12回東日本国際親善マラソン大会 »

2008年4月20日 (日)

多摩川クラシコ

金曜日は予定よりも早い午後9時頃には予定していた仕事が片付いた。これで何の憂いもなく多摩川クラシコを観戦に行けると思いながら帰宅した。
試合はまずフロンターレに先制され、カボレのゴールで同点に追いついた直後にまた突き放され、それでも前半終了間際に赤嶺が価値ある同点弾を決めて2-2で前半を折り返した。
この前半が終了した時点で、『今日は勝てる』と確信していた。中盤を完全に支配していたし、選手から『今日は絶対に勝つ』という気迫がビシビシと伝わってきていたからだ。フロンターレももちろん気持ちは入っていただろうが、東京の方がそれを遙かに上回っていたし、キーマンである中村と谷口が不調だと私には思えた。また、フロンターレのベンチ入りメンバーと、東京のベンチメンバーの層の違いも大きいと感じていた。間違いなく消耗戦になるので交代選手の活躍がカギとなるはずだと思っていたし、その点でいえば結果的にその予感は的中した。
後半は一進一退のゲームが続いたが、大竹を投入し、その直後に大竹が勝ち越しゴールを決めたことで一気に東京が流れをつかんだ。そして今シーズン標榜するムービングフットボールを綺麗に体現した今野のゴール。フロンターレの反撃時には気迫と集中力で守り抜き、見事に4-2で第1弾のリベンジを果たした。
試合終了後に何人かの選手はピッチに座り込んだ。それぐらい激しいゲームだったし、時間の経過がすごく早く感じる、素晴らしいゲームだった。今回の勝利は本当にチーム全員で掴んだものだと思う。
中でも去年のリベンジの気持ちが非常に強かった塩田のプレーには心を打たれた。接触プレーで頭を打っており、おそらく朦朧とした状態のまま気持ちだけでプレーを続けていたのではないかと思う。試合終了後にサポーターのもとへ挨拶に行けないぐらいの状態になっており、スタッフに抱えられたまま先にピッチを後にした。その光景を見ていて心配にはなったが、去年の多摩川クラシコで一番悔しい思いをしたであろう塩田が、少しはリベンジできたであろうということでおめでとうという気持ちを持ちながら見送った。アウェーでも気迫のプレーでゴールマウスを守ってほしいと思う。

|

« Wii Fit の効果測定(11週間経過) | トップページ | 第12回東日本国際親善マラソン大会 »

FC東京」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Wii Fit の効果測定(11週間経過) | トップページ | 第12回東日本国際親善マラソン大会 »