« Jカード2008 | トップページ | 今日も午前様確定 »

2008年3月23日 (日)

第28回武蔵陵マラソン大会

今日は快晴に恵まれる中、市民マラソン大会に初参加してきた。今回参加したのは武蔵陵マラソン大会で、私の小学生時代の思い出がいっぱい詰まった、八王子市陵南公園が会場である。
私が参加したのは5kmの種目である。ただ、『参加することに意義がある』という趣旨なので、あくまで目標は完走、そしてもし完走できそうなら30分以内を目指すということにしていた。
さて、先に結果を発表すると・・・下の写真の通り。

マラソン

ちょっとビックリした方もいるかと思うが、もちろんこれにはカラクリが(笑)このことについては最後に書くことにしよう。

レースは全6組に分かれてスタートするのだが、私が参加したのは第4組で11時15分スタートだった。受付時間がレースの1時間前までとのことだったので、余裕を持って家を出発し、約1時間半前の9時30分頃に会場についた。その時間帯はちょうど第1組の10km・35歳以下のスタート直前だったので、スタートの様子を見学することにした。
スタートの号砲と共に、約100人の参加者が凄いペースで走りだす様子に呆気にとられる。思わず「速っ」と独り言が口をついて出てしまった。ごく数名はゆっくり走り始めていたが、小規模だから初心者でも大丈夫かなと思っていたこの大会の予想以上のレベルの高さに驚き、これで完走できなかったらカッコ悪いなぁ・・・という変なプレッシャーを感じた。
その後受付を済まし、自身初となるゼッケンをもらったり、大会のパンフレットを読んだり、ストレッチをしたりしてレースまでの1時間をノンビリと過ごす。受付は1時間前までと書いてあったが、それを過ぎても普通に受付をしていたので、そんな早く来なくてもよかったようだ。パンフレットを見ると、今回の参加者は全部で約500人。去年は300人ぐらいだったので、今年は一気に増えたようである。パンフレットを見ると、私が出る第4組のエントリーは、上は69歳から下は13歳までの73人だった。
いよいよスタートが近づき、スタート地点に集合すると年齢に関係なくみんな速そうな感じである。前の方には箱根駅伝に出場している某大学のユニフォームを着ているランナーや、高校の陸上部のユニフォームを着たランナーも目撃。やっぱりこりゃあ場違いだなと思ったのと、さっきのスタートの様子を見ているので、邪魔にならないように前から60人目ぐらいのかなり後方に立ってスタートすることにした。

スタートの号砲とともにさっきと同じように一斉に飛び出すランナーたち!

・・・を見送りながらゆっくりとしたジョギングペースで走りだす私(苦笑)
予想したとおり私が陣取った位置の前数人ぐらいと、私の後ろの10人ぐらいだけがあっという間に取り残される展開となった。でもそんなことはお構いなしで自分のペースで走ることに決めていたので、とりあえずすぐ前の人のペースに合わせて走り出した。
ペース的にはかなり遅めかなと思いつつ走っていたのだが、1kmの通過が4分50秒と思っていたよりも早かった。先週の試走では、これよりちょっと早いペースで走って最後バテてしまったので、もう少しペースを落とそうと考えながら走る。
だが、ここで自分でも予想外のことが起こる。1kmを過ぎてしばらくしたら、喉が急に渇いてきてしまったのだ。レース中にトイレに行きたくなったら困るので水分摂取をかなり控えていたのだが、逆に控えすぎてしまっていたようである。先週の試走の反省から半袖のTシャツとハーフパンツという服装にしたのだが、それでも気温が結構上がってきていたことで、急に水分が不足してしまったようだ。また、花粉症対策に薬を飲んでいることも喉の渇きを引き起こす要因であろう。一応2kmを過ぎたところに給水地点があるとパンフレットに書いてあったので、こんな短距離レースでは普通はあまりしないのであろうが、しっかり給水をしようと考えながら走った。
2kmの通過は9分54秒、ラップタイムは5分04秒と、意図したとおり最初の1kmよりは少し落ちており、走りにもまだ余裕があった。1km5分ペースぐらいで走れるかもしれないな、このペースで行けるところまで行ってみようと考えながら走った。
2kmを過ぎてしばらくしたところに給水所があったので水を補給。それまでガラガラになっていた喉はだいぶ潤った。
給水所を過ぎてしばらくすると、折り返しをしてきた先頭のランナーとすれ違う。予想通りさっきスタート地点で見た某大学のユニフォームを着た選手だった。ちょっと開いて2番目の人、3番目の人・・・なんて感じですれちがう人を観察しているうちに、自分も2.5kmの折り返し地点に来てしまった。ちらっと腕時計を見ると12分30秒ぐらいだったので、だいたい同じペースで走れているようだ。
もうそろそろ3kmの地点だなと思いながら走っていたが、いくら走っても3kmの表示にたどりつかない。1kmごとのラップを参考にペース配分をしていたので、この表示がないことで自分のペースが一定なのかどうかがわからなくなり、ちょっと不安になった。
ちょっと不安を抱えたまま走っているうちに残り1kmという表示が目に入った。結局3kmという表示はなかったようである。(あとからよく考えてみれば、10kmのレースも同じコースを使用しているので、3kmという表示があるとややこしくなってしまうから設置しなかったのだろう。)ここで腕時計を見ると、4kmの通過が20分01秒、ラップタイムは2km~4kmの間で10分07秒と、ほぼ正確に1km5分のペースで走れていたのだ。それでひと安心し、かなりキツくはなってきたが残り1kmなら完走はできそうだと自信が出る。
しかし、残りわずかなのに、またもやここで喉の渇きに襲われ一気に呼吸が苦しくなる。それにつれてペースも徐々に落ち始める。最後の1kmはむしろペースを上げていこうと思っていただけにかなり誤算である。
河川敷を走り切り、上り坂を上がって橋の上にでる。橋を渡ればゴールの陵南公園まではあとわずかなのだが、最後の最後のこの上りは結構キツイ。それでも何とか上り切り、橋を渡って公園内のゴールへ。最後は本当に気持ちだけペースを上げてゴールイン!初参加のマラソン大会を無事に完走することができた。

5kmのタイムは25分24秒、やはり最後の1kmのラップタイムは5分23秒とペースは落ちていた。ただ、先週の試走の時よりは落ち込みもひどくないし、ゴール後もバテバテではなくまだ少し余裕があった。だったら最後にラストスパートしろよって話なのだが(苦笑)
真っ先に水分を補給し、クールダウンしたり、ストレッチをしたりしていたら、「記録証が出来上がったので集合してください」とのアナウンスがあった。時間的には30分ぐらい経過していたのかもしれないが、なんかあっという間に出来上がった気がしており、運営スタッフの方の手際の良さに感心してしまった。

賞状

この記録証をもらう際、スタッフの方に「3位ですので賞品がありますのでそちらに行ってください」と促される。そんなタイムで3位なの?と思われた方もいると思うが、この3位というのは全体での順位ではなく、年齢別クラスでの順位なのである。今回参加した武蔵陵マラソン大会は競技クラスが5歳刻みに分けられており、私は30歳から34歳までのクラスでの3位なのである。
年齢別クラスとはいえ、3位と書くとなかなかすごいことのように思える。だが当然ながらオチもあり、私の30歳から34歳までのクラスのエントリー数はたった5名、しかも1名が不参加だったので4人中の3位である(笑)
ちなみに賞品の中身は今大会の協賛である理研ビタミン㈱の製品である、『本カツオダシ』2つと『香り胡麻ドレッシング』1本のセットだった。『本カツオダシ』は参加賞としてももらったし、さらに大会自体の参加賞としてスポーツタオルを1本もらった。

初めて参加した市民マラソン大会だったが、記録自体は全くたいしたことはないが、完走できたこともあり充実感でいっぱいである。いろいろとお土産ももらえたし(笑)今回参加した武蔵陵マラソン大会は、今後もできる限り毎年参加したいと思う。

さぁ次は1ヶ月後に相模原の米軍基地内で行われる『第12回東日本国際親善マラソン』だ!←こっそりとエントリー済み。まだまだヤル気!?

|

« Jカード2008 | トップページ | 今日も午前様確定 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Jカード2008 | トップページ | 今日も午前様確定 »