« 毎年恒例の花粉症 | トップページ | あとわずか »

2008年3月 5日 (水)

2度目の完走

今日は帰りが早かったので、外でランニングをすることにした。ただ、食事を済ませ、消化をするまで休憩を取ってからの出発だったので、家を出たのは午後10時頃。さすがにこの時間からだと遠出は厳しいので、以前走ったアップダウンがきつくて辛かった、ちょっと離れた隣の団地を経由して戻ってくるコースを走ってみることにした。
前回よりも大回りで、かつ長い5kmのコースを地図で作成。最初の1kmは多少のアップダウンはあるもののほぼ平坦、次の1kmがほとんど上り、次の1kmがほとんど下り、次の1kmはほとんど上り、最後の1kmは少し下ってほぼ平坦というコースである。問題は2度目の上りのところで、ここさえこなす事が出来るようになれば、武蔵陵マラソンのほぼ平坦のコースならば完走できるはずである。
今回も完走が目的なのでスローペースでスタートしたのだが、前回5kmを完走できたという自信からか足取りが軽い。あっというまに1kmを通過し、1度目の上り坂にさしかかる。呼吸は厳しくなったが、思ったほどペースは落ちずに隣の団地の端の方まで続く坂を上りきる。
今度は隣の団地内を一気に下るが、その次にはその下ったコースを逆に上ってくることを意識してあえてペースは変えずに下る。隣の団地の反対側まで下ったところでUターンしてひたすら上る。ペースは一気に落ちるし、あとどの程度上りが続くかを把握しているので途中で何度か立ち止まりたくなったが、今日に限ってはなぜか完走するんだという意地が強くなんとかかんとか上りきる。あとは下りと平坦のコースなので呼吸を整えながら若干ペースをあげ、予定していた5kmコースを無事完走することができた。
今回は先日ネットショップで購入したばかりのストップウォッチ付きの時計でタイムを測ったのだが、時間は29分56秒と、ほぼ30分だった。日曜日と同じ1km6分のペースだが、前回のほぼ平坦コースとは違い今回は相当なアップダウンがあったので、今度平坦コースを走ったらもう少しスピードを上げられるかもしれない。マラソン大会までの休みは全て予定が入ってしまっているのだが、なんとか早朝などに時間を作ってまた平坦なコースを5km程度走ってみようと思う。
それにしてもこのランニングを通じて、気持ちを強く持つことがいかに力を引き出すかということを実感させられている。「もう無理だ」と思えば足も重くなるし一気に疲れも出るが、「まだいける」と思えば踏ん張りがきいてなんとかなってしまうのだ。今回に関して言えば、前回5km完走できたという自信も後押ししてくれた。マラソン大会まであと2週間ちょっとなので、この調子で頑張ろうと思う。

|

« 毎年恒例の花粉症 | トップページ | あとわずか »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 毎年恒例の花粉症 | トップページ | あとわずか »