« 観客動員数50万名に向けて | トップページ | 脱皮できない蛇は滅びる »

2008年2月14日 (木)

機動戦士ガンダム劇場版Ⅰ

Wii Fit の『ながらジョギング』をしながら見ているDVDの第2弾、機動戦士ガンダム劇場版Ⅰを昨日見終わった。毎日30分ジョギングしながら見ていたのだが、2時間15分ぐらいあったので、1枚見るのに5日もかかってしまった。ただ、毎日かなり熱中しながら見ていたので実感的にはそれほどでもないのだが。
初代のガンダムについてはかなり覚えているつもりだったが、「あれ?こんなシーンあったっけな?」というようなことも何回かあった。今見ると絵的にはもちろん古いのだが、昔と違ってストーリーを把握しながら見られるので見直す価値はあると思う。初めて見たのは小学校低学年の時の再放送だったのだから、古くて当たり前なのだが(苦笑)ガンダムのプラモデルが欲しくて日曜日の早朝から並んだよなぁ・・・。
映画版ということでかなりダイジェストになってしまっているが、いわゆる名ゼリフはしっかりと押さえられているし、印象に残るシーンはだいたい押さえられていると思う。Ⅰで収録されているのは、ガルマの死、そしてランバ・ラルの登場あたりまでとなっているので、モビルスーツとしては連邦軍はガンダム・ガンキャノン・ガンタンク、ジオン軍はザク(シャア専用ザクを含む)とグフがちょっとしか出てこない。そういう点ではちょっと物足りない気もした。
今日からは機動戦士ガンダム劇場版Ⅱ 哀・戦士編を見始めた。劇場版3部作の中でも一番評判がいいので非常に楽しみだ。ジオン軍のモビルスーツも大量に投入されるし、特に子供の頃に一番好きだったズゴックが登場して・・・(長くなるので省略)

|

« 観客動員数50万名に向けて | トップページ | 脱皮できない蛇は滅びる »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505179/40126916

この記事へのトラックバック一覧です: 機動戦士ガンダム劇場版Ⅰ:

« 観客動員数50万名に向けて | トップページ | 脱皮できない蛇は滅びる »